このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

日本年金機構におけるマイナンバーへの対応

150020-547-991-341 更新日:2018年8月24日 印刷する

個人番号等登録届の様式はこちら

日本年金機構におけるマイナンバーの利用について

平成28年11月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律附則第三条の二の政令で定める日を定める政令(平成28年政令第347号)」が公布・施行されたことに伴い、日本年金機構は、マイナンバー(個人番号)を利用して事務を行えることとなりました。
平成29年1月から日本年金機構では、マイナンバーによる年金相談・照会を受け付けており、基礎年金番号が分からない場合であっても、マイナンバーカード(個人番号カード)をご提示いただくことで、相談を行うことができます。
さらに平成30年3月5日からは、これまで基礎年金番号で行っていた各種届出・申請についてもマイナンバーで行えるようになるほか、住所変更届や氏名変更届の届出省略を開始します。
また、今後、マイナンバーによる行政機関間の情報連携の仕組みを活用し、これまで各種申請時に必要としていた住民票などの添付書類提出の省略を行う予定です。
なお、マイナンバーの利用にあたっては、日本年金機構では情報セキュリティの抜本的強化に取り組んでおり、お客様のマイナンバーの適切な保管・管理に万全を期します。

被保険者・受給権者のみなさまへ

1.相談・照会について

マイナンバーを利用して年金に関する相談や年金記録に関する照会を行うことができます。基礎年金番号が分からない場合であっても、ご自身のマイナンバーをお伝えいただくことで、相談・照会が可能です。
マイナンバーによる相談・照会を行う際には、年金事務所の窓口でマイナンバーカードなどの本人確認書類の原本をご提示ください。本人確認の詳細については、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 1,858KB)をご確認ください。
なお、電話でマイナンバーによる相談・照会を行う際には、マイナンバーカードや通知カード等のマイナンバーが記載されている書類をお手元にご用意の上、おかけください。

2.マイナンバーを記入していただく届書について

平成29年1月以降順次、年金関係の届書にご本人等のマイナンバーを記入いただいておりましたが、平成30年3月5日からはこれまで基礎年金番号を記載していただいていた届書については、原則としてマイナンバーを記入いただくこととなります。
マイナンバーを利用することによって、これまで必要だった書類の提出が不要になるなど、利便性が向上しますので、マイナンバーの記載にご協力をお願いいたします。
なお、マイナンバーを記入して日本年金機構に届書を提出いただく際には、あわせてダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。本人確認書類の提示(提出)(PDF 1,858KB)をお願いします。
※マイナンバーを記入する届書の一覧はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 259KB)です。
※変更となる届書のレイアウトはこちらです。

3.住所変更届、氏名変更届、死亡届について(届出省略)

平成30年3月5日から、被保険者の住所変更届及び被保険者・受給権者の氏名変更届は個人番号と基礎年金番号が紐付いている方については、日本年金機構への届出を省略できます。
また、これまで受給権者のみ実施していた死亡届の届出省略について、国民年金第1号被保険者及び第3号被保険者も個人番号と基礎年金番号が紐付いている方については届出を省略できます。
届出省略の詳細についてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 407KB)をご確認ください。

4.日本年金機構に提出する住民票について

年金の請求手続き等で添付書類として提出いただく住民票については、原則として、マイナンバーが記載されていないものを提出いただきますようお願いいたします。
マイナンバーの本人確認(番号確認)書類として提出する場合のみ、マイナンバーの記載がある住民票を提出してください。(マイナンバーカードや通知カードをお持ちの場合は、いずれかを提出していただければ、マイナンバーの記載がある住民票の提出は不要です。

事業主のみなさまへ

1.届書へのマイナンバーの記入について

健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届など、これまで基礎年金番号を記載していただいていた届書については、平成30年3月以降、マイナンバーを記入して提出していただくこととなります。(基礎年金番号の記入は不要です。)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。マイナンバーを記入いただく届書等一覧(PDF 259KB)
※変更となる届書のレイアウトはこちらです。

2.従業員のマイナンバーを記入いただく際の留意点について

健康保険・厚生年金関係の各種届書等において、従業員のマイナンバーを記入いただくこととなりますが、その際には、利用目的の明示と本人確認措置を行っていただく必要があります。

(1)利用目的の明示

個人情報保護法の規定に基づき、従業員のマイナンバーを取得するときは、利用目的(年金関係事務において利用すること)をご本人に通知または公表しなければなりません。

(2)本人確認措置

本人確認にあたっては、マイナンバーが正しい番号であることの確認(番号確認)と、マイナンバーを提出する者がマイナンバーの正しい持ち主であることの確認(身元(実存)確認)が必要です。本人確認の詳細についてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 1,858KB)をご確認ください。

3.健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届について

健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届はマイナンバーを記入いただくこととなりますが、マイナンバーを記入した場合には、住基ネットから日本年金機構が住民票上の住所を取得することが可能となることから、被保険者住所の記載を省略できます。
住民票上の住所と異なるところ(いわゆる「居所」)にお住いの方については、資格取得届とは別に住所変更届(居所届)が必要となります。
住所変更届(居所届)の詳細についてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 407KB)をご確認ください。

4.住所変更届・氏名変更届について(届出省略)

平成30年3月5日から、被保険者の住所変更届及び被保険者・受給権者の氏名変更届は個人番号と基礎年金番号が紐付いている方については、日本年金機構への届出を省略できます。
また、これまで受給権者のみ実施していた死亡届の届出省略について、第3号被保険者も個人番号と基礎年金番号が紐付いている方については届出を省略できます。(なお、厚生年金被保険者については、従来どおり、資格喪失届の提出が必要です。)
住所変更届・氏名変更届の省略についてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 407KB)をご確認ください。

5.マイナンバー未収録者の氏名・住所等の確認のお願い

マイナンバーと基礎年金番号が結びついていない被保険者については、氏名等の変更情報が得られないため、氏名等に変更があった際は、引き続き氏名・住所変更届等を提出していただく必要があります。
このため、日本年金機構においてマイナンバーを確認できていない厚生年金保険被保険者(以下「未収録者」という。)が在籍する適用事業所の事業主さまに、平成30年8月下旬に「未収録者一覧」(※)を送付いたしますので、ご確認をお願いします。なお、未収録者がいない適用事業所の事業主さまには当該一覧は送付されません。

(※)平成29年12月に送付した「マイナンバー等確認リスト」も含め、対象者は厚生年金保険被保険者のみであり、被扶養配偶者(国民年金第3号被保険者)は対象としておりません。

平成30年8月下旬に送付する「未収録者一覧」についてはこちらをご確認ください。

市区町村の担当者のみなさまへ

1.届書へのマイナンバーの記入について

国民年金被保険者関係届書など、これまで基礎年金番号を記載していただいていた届書については、平成30年3月5日から、マイナンバーを記入して提出していただくこととなります。(基礎年金番号の記入は不要です。)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。マイナンバーを記入いただく届書等一覧(PDF 259KB)
※変更となる届書のレイアウトはこちらです。

2.市区町村窓口でマイナンバーを記入いただく際の留意点について

市区町村の窓口で被保険者の方からマイナンバーでの届出を受け付ける際には、本人確認措置を行っていただく必要があります。
本人確認にあたっては、マイナンバーが正しい番号であることの確認(番号確認)と、マイナンバーを提出する者がマイナンバーの正しい持ち主であることの確認(身元(実存)確認)が必要です。本人確認の詳細についてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 1,858KB)をご確認ください。

3.住所変更届、氏名変更届、死亡届について(届出省略)

平成30年3月5日から、被保険者の住所変更届及び被保険者・受給権者の氏名変更届は個人番号と基礎年金番号が紐付いている方については、日本年金機構への届出を省略できます。
また、これまで受給権者のみ実施していた死亡届の届出省略について、国民年金第1号被保険者も個人番号と基礎年金番号が紐付いている方については届出を省略できます。
住所変更届・氏名変更届・死亡届の省略についてはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 407KB)をご確認ください。

マイナンバーに関するお知らせ

1.日本年金機構のマイナンバー安全管理措置

日本年金機構は、平成27年5月に発生した不正アクセスによる情報流出事案を受け、厚生労働大臣からの業務改善命令に基づき、同年12月に「業務改善計画」を作成し、組織の一本化・内部統制の有効性の確保、情報開示の抜本的見直し、情報セキュリティ対策の強化について取組を進めてきました。
特に情報セキュリティ対策の強化については、厚生労働省による指導・監督や内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)・個人情報保護委員会(PPC)による確認を受けて、組織面、技術面、業務運営面からの取組を実施してきました。
マイナンバー利用に際しても、マイナンバーの取扱いについての職員の教育研修、事前チェックリストの実施、特定個人情報保護管理事務取扱要領等の諸規程を改正・制定し、マイナンバーの利用の準備を進めてきました。

2.マイナンバーの利用目的

日本年金機構は、マイナンバーを利用して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)」別表第1の下欄に掲げる事務(年金関係事務)を行います。
具体的には、下記届書において、マイナンバーの提出を求め、マイナンバーの収録を行っていきます。
収録したマイナンバーは、法令に定められた必要な範囲で年金関係事務に活用していきます。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。マイナンバーを記入いただく届書等一覧(PDF 259KB)

3.マイナンバー法に基づく本人確認措置

マイナンバーを利用した年金の相談・照会等を行う場合や、届書にマイナンバーを記入いただく場合には、マイナンバー法に基づく本人確認措置の実施が必要となります。
本人確認にあたっては、マイナンバーが正しい番号であることの確認(番号確認)とマイナンバーを提出する者がマイナンバーの正しい持ち主であることの確認(身元(実存)確認)が必要となります。
本人確認書類の詳細については、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF 1,858KB)をご確認ください。

4.マイナンバーの収録について

マイナンバーを利用した事務を円滑に実施するため、日本年金機構では、当機構や市区町村・事業主に届け出ていただくお客様のマイナンバーを収録いたします。
また、マイナンバー法に基づき地方公共団体情報システム機構に対してお客様のマイナンバー情報の提供を求め、収録を行っています。
収録したお客様のマイナンバーについては、マイナンバー法に定める事務のみに利用し、適正に保管・管理いたします。
なお、「ねんきんネット」でマイナンバーの収録状況を確認することができます。

5.個人番号等登録届について

平成29年1月以降、マイナンバーが収録されていないことが判明したお客様に対し、個人番号等登録届によりマイナンバーを提出いただくこととしています。マイナンバーを利用した事務を円滑に実施するため、マイナンバーの収録にご協力をお願いいたします。
※マイナンバーが変更となった場合にも個人番号変更届により報告をお願いします。

よくある質問について

日本年金機構におけるマイナンバーの取扱い等について、よくある質問をまとめました。

様式集

参考情報

1.特定個人情報保護評価書について

厚生労働省が、公的年金業務等に関する事務に関して実施した特定個人情報保護評価書をこちらに掲載しています。

2.リンク

3.マイナンバーに関するお問い合わせ先

マイナンバー総合フリーダイヤル

「通知カード」「マイナンバーカード」に関することや、マイナンバー制度についてのお問い合わせは、下記マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)へお願いいたします。

マイナンバー総合フリーダイヤル画像


※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

  • マイナンバー制度に関すること 050-3816-9405
  • 「通知カード」「マイナンバーカード」に関すること 050-3818-1250

※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル

  • マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26
  • 「通知カード」「マイナンバーカード」に関すること 0120-0178-27

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る