トップ > お知らせ > 平成24年1月10日から順次「平成23年分公的年金等の源泉徴収票」の発送を行います

年金記録の再確認をお願いします

申請・手続きを調べる

年金のことを調べる

  • 通知書の見方を調べる
  • 便利なねんきんネットにご登録お願いします
  • 年金用語集
  • パンフレット
  • 主な疑義照会と回答
  • システム刷新プロジェクト
  • 社会保障教育・教材

アクセスランキング

平成24年1月10日から順次「平成23年分公的年金等の源泉徴収票」の発送を行います

2-5-20-3933 更新日:2014年4月21日 印刷用ページ
  • 平成23年中に厚生年金保険、国民年金等の老齢又は退職を支給事由とする年金を受けとられた皆様に、平成23年分として支払われた年金の金額や源泉徴収された所得税額等をお知らせする『 平成23年分公的年金等の源泉徴収票』を日本年金機構からお送りします。
  • 『公的年金等の源泉徴収票』は、所得税の確定申告(住所地を管轄する税務署で受付)の際の添付書類等として必要となりますので大切に保管してください。

(注)公的年金等の源泉徴収票を以下「源泉徴収票」といいます。

源泉徴収票送付スケジュール

平成24年1月10日(火)から16日(月)にかけて、順次発送します。

  • ※源泉徴収票がお手元に届くまで、郵便事情等を考慮し、一週間程度お待ちください。

源泉徴収票の再交付の受付

源泉徴収票の再交付の受付は、 ねんきんダイヤルで平成24年1月10日より承っております。

お問い合わせの際は、基礎年金番号をお知らせください。
  • ※050(一部)の電話、070の電話からおかけになる場合は「03-6700-1165」にお電話ください。
  • ※ナビダイヤルは、一般の固定電話からおかけになる場合は全国どこからでも、市内通話料金でご利用いただけます。ただし、一般の固定電話以外(携帯電話等)からおかけになる場合は、通常の通話料金がかかります。
  • ※「03-6700-1165」の電話番号におかけになる場合は、通常の通話料金がかかります。
  • 電話による源泉徴収票の再交付を受け付けております。
    再交付のみの申請の場合は、ご本人の基礎年金番号、氏名、生年月日、住所と、電話をおかけになった方の氏名、ご本人との続柄、電話番号を確認させていただきます。
    なお、源泉徴収票は、日本年金機構に登録されているご本人の住所宛に郵送いたします。
    また、電話による再交付の場合は、発送まで2週間程度かかりますので、お急ぎの方は、お近くの年金事務所または街角の年金相談センターでご相談ください。
  • 来訪による再交付は、お近くの年金事務所または街角の年金相談センターで承っておりますが、街角の年金相談センターの場合は、日本年金機構に登録されているご本人の住所宛に後日郵送の取扱いとなるセンターもございますので、あらかじめご了承願います。なお、来訪により再交付される方は、 年金相談をされる時のお願い をお持ちください。
    ご本人
    1. 年金手帳、年金証書または改定通知書など、日本年金機構が送付した書類
    2. 本人確認ができる書類(運転免許証など)
    ご本人以外の方
    1. ご本人の年金手帳、年金証書または改定通知書など、日本年金機構が送付した書類
    2. ご本人の 委任状
    3. 代理人の本人確認ができる書類(運転免許証など)
    4. ご本人の印鑑

確定申告について

  • 所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する所得税額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収 された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続きです。
  • 確定申告に関することについては、お近くの税務署や税務相談室にお問い合わせください。
    国税庁ホームページでは、確定申告に関する情報をご覧いただけます。

確定申告が必要となる方

平成23年分の確定申告から、公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告をする必要がなくなりました。
 2か所以上の年金の支払者に対して扶養親族等申告書を提出している方や年金以外に給与所得がある方などは、多くの場合、所得税の確定申告が必要です。
  • ※所得税の確定申告が必要ない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。住民税に関する詳しいことはお住まいの市区町村におたずねください。

確定申告をすることができる方

 確定申告が必要でない場合でも、次のいずれかにあてはまる方などで、源泉徴収された所得税が納め過ぎとなっているような方は、確定申告をすれば源泉徴収税額の還付を受けることができます(還付申告)。
  • 社会保険料控除、生命保険料控除などを受けられる場合
  • 災害などの損失について雑損控除を受けられる場合
  • 医療費に係る医療費控除を受けられる場合
  • 扶養親族等申告書を提出していない場合
  • 扶養親族等申告書を提出した後において扶養親族等が増加した場合

確定申告書の提出期限

平成23年分の所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は、
平成24年2月16日(木)から同年3月15日(木)までです。
  • ※平成23年分の所得税の確定申告期間は2月16日(木)から3月15日(木)までです(還付申告の方は、平成24年2月15日(水)以前でも申告書を提出することができます。ただし、税務署の閉庁日(土・日曜・祝日等)は、税務署では相談及び申告書の受付は行なっておりません。)
  • ※確定申告書の提出先は、年金受給者の住所地を管轄する税務署です。
    なお、確定申告には、源泉徴収票の添付が必要となります。

源泉徴収票の様式


大きい画像で見る(こちらをクリック)
平成23年中に支払われた年金の合計額が記載されています。
この金額は、所得税や社会保険料が差し引かれる前の金額です。
平成23年中に年金から源泉徴収された所得税額の合計額が記載されています。
所得税額の算出は、こちらをご覧ください。
年金の種別を記載しています。
各種控除について、該当する欄に「*」印が記載されています。
平成23年中に年金から特別徴収された社会保険料の合計額が記載されています。
  • この金額は、源泉徴収税額の計算対象から控除されています。
  • 社会保険料の内訳については、摘要欄に記載しています。
確定申告に関することについては、こちらをご覧ください。

源泉徴収税額の算出方法

「源泉徴収税額」欄の金額は、各支払期における源泉徴収税額を積算したものです。各期の源泉徴収税額の算出方法は次のとおりです。
  • 年金から特別徴収された社会保険料がある場合、その金額は、社会保険料控除として税金の控除対象とされています。
  • ※「社会保険料」とは、年金から特別徴収された介護保険料及び国民健康保険料(又は後期高齢者医療保険料)の合計額です。
  1.  扶養親族等申告書(以下、「申告書」といいます。)が提出されている場合(2に該当する場合を除きます。)
    源泉徴収税額=(年金支給額-社会保険料- 各種控除額)×5%(源泉徴収税率)
  2.  退職共済年金の受給権者で、65歳以上の方が申告書を提出した場合
    源泉徴収税額={退職共済年金の年金支給額-社会保険料-
    各種控除額-政令で定める一定の額)}×5%(源泉徴収税率)
    • 政令で定める一定の額とは、47,500円にその年金支給額の計算の基礎となった月数を乗じて計算した額です。
  3.  申告書を提出していない場合
    源泉徴収税額={年金支給額-社会保険料-
    (年金支給額-社会保険料)×25%}×10%(源泉徴収税率)

各種控除額一覧


お知らせ一覧

関連分類

申請・手続きを調べる