トップ > 年金について > 従業員の年金手帳を再交付するときの手続き

年金記録の再確認をお願いします

申請・手続きを調べる

年金のことを調べる

  • 通知書の見方を調べる
  • 便利なねんきんネットにご登録お願いします
  • 年金用語集
  • パンプレット
  • 社会保障教育・教材

アクセスランキング

従業員の年金手帳を再交付するときの手続き

4-5-19-2073 更新日:2012年3月30日 印刷用ページ

1.手続内容

従業員から年金手帳を紛失又はき損したとの申出を受けたときは、事業主が「年金手帳再交付申請書」を提出します。特に、次の場合にこの手続きが必要です。

○雇用(入社)の際、従業員へ年金手帳を提出するように伝えたところ、年金手帳を紛失したとの申出があり、厚生年金保険へ加入させるための「被保険者資格取得届」の「基礎年金番号」が記入できない場合

⇒この場合、「年金手帳再交付申請書」の「オ 現に被保険者として使用されている(又は最後に被保険者として使用された)事業所の名称、所在地(又は船舶所有者の氏名、住所)」欄には、入社する直前に被保険者として使用されていた事業所の名称、所在地等を記入するよう従業員の方へお伝えください。

⇒この場合、「被保険者資格取得届」と「年金手帳再交付申請書」は一緒に提出してください。

2.手続時期・場所及び提出方法

被保険者から申出を受けた事業主が「年金手帳再交付申請書」を提出します。

区分 内容
提出時期 従業員から年金手帳を紛失又はき損したとの申出があったとき
提出先 郵送で事業所所在地を管轄する事務センター
(事業所の所在地を管轄する年金事務所)
提出方法 電子申請、郵送、窓口持参

3.申請及び届書様式・添付書類

届書等名称 記入例
年金手帳再交付申請書(PDF)(EXCEL) 年金手帳再交付申請書
添付書類
き損の場合は、年金手帳

4.留意事項

雇用(入社)した従業員が、過去に共済組合のみの加入(厚生年金保険又は船員保険の加入事業所等に勤務したことがない)である場合は、年金手帳は交付されておらず、「基礎年金番号通知書」しか所持していません。

この場合は、「基礎年金番号通知書」にて厚生年金保険の被保険者資格取得の手続きを行うこととなりますので、年金手帳の再交付申請は不要です。


関連分類

年金のことを調べる