トップ > 年金について > 源泉徴収票をなくしたとき

年金記録の再確認をお願いします

申請・手続きを調べる

年金のことを調べる

  • 通知書の見方を調べる
  • 便利なねんきんネットにご登録お願いします
  • 年金用語集
  • パンプレット
  • 社会保障教育・教材

アクセスランキング

源泉徴収票をなくしたとき

4-5-20-5088 更新日:2014年4月21日 印刷用ページ

源泉徴収票や準確定申告用源泉徴収票を、紛失したり破損した場合には、再発行することができます。 

1.申請方法

  • 電話で申請することができます。基礎年金番号が確認できるものをご用意のうえ、ねんきんダイヤルもしくは年金事務所へご連絡ください。
  • ねんきんダイヤルをご利用された場合、受付から発送までに2週間程度かかります。お急ぎの場合はお近くの年金事務所にお問い合わせください。
※ 窓口での発行もできます。
※ 来訪する際に持参するものや、代理の方が手続きをする場合に必要なものは、こちらをご覧ください。

様式及び記入例
源泉徴収票再交付申請書 様式(PDF) 記入例(PDF)
準確定申告用源泉徴収票再交付 記入例(PDF)

2.申請の注意点

(1)源泉徴収票 

  • 源泉徴収票は過去8年分の申請ができます。
  • 再発行した源泉徴収票は、日本年金機構に登録されている本人の住所宛てに送付します。  

(2)準確定申告用源泉徴収票

  • 再発行した準確定申告用源泉徴収票は、亡くなった方が受けていた年金の未支給年金請求者宛てに送付します。
  • 未支給年金請求者以外の方が窓口での発行を希望する場合は、未支給年金請求者からの委任状が必要です。
  • 未支給年金請求者がいない場合は、相続人または相続財産管理人の方へも発行できますが、相続人または相続財産管理人であることが確認できる書類が必要になるため、電話での申請はできません。
  • 年金を受けている方が、1月1日から2月の支払日の前日までの間に亡くなった場合は、原則として準確定申告用源泉徴収票は発行されません。
  • 初回の交付にはお時間を要しますのでご了承ください。なお、死亡の手続きがお済みでない場合、準確定申告用源泉徴収票を発行することができませんので、交付申請書とあわせて死亡届を提出してください。