追納・後納可能月数・金額確認

追納・後納可能月数と金額の確認

国民年金保険料や国民年金付加保険料が未納となっている期間や、免除、学生納付特例制度または納付猶予制度の適用を受けている期間など、今後納付する月数や金額を「ねんきんネット」上で確認することができます。
また後納制度や国民年金第3号被保険者からの手続きが2年以上遅れることにより未納になってしまった期間の特例追納制度にも対応しています。


確認方法

「ねんきんネット」のメニュータブ、「追納・後納等可能月数と金額の確認」をクリックします。

作成方法 その1

国民年金保険料や付加保険料の月別納付状況や納付可能月数等が表示されます。

  • これまでの年金加入期間のうち、国民年金保険料や付加保険料を納付可能な月数と金額の合計が表示されます。
  • これまでの国民年金保険料や付加保険料の月別納付状況が表示されます。
作成方法 その2
  • 国民年金保険料や付加保険料を納付しておらず、どちらも納付できる月は、“保険料”の納付可能月数として計上されます。(“付加保険料”には計上されません)
  • 2)の表において、国民年金保険料、付加保険料を納付しておらず、どちらも納付できる月は「納可」と表示されます。
  • TOPメニューの「追納・後納等可能月数と金額の確認」をクリックし、下記のエラーメッセージが表示された場合は、追納・後納等納付可能な対象がありません。
作成方法 その1

支払可能対象がある場合、国民年金保険料や付加保険料の納付方法ごとに納付可能な月数が表示されます。

作成方法 その2

※ 納付可能な全ての保険料を納付したい場合は、画面の期間設定で「全期間を納付・付加に変更」ボタンをクリックします。

後納・追納対象の中で、支払を行いたい期間がある場合、納付方法毎に納付月数を入力します。入力が完了したら、「納付期間を反映」のボタンをクリックします。

  • 作成方法 その2
  • ※納付日数の入力には、順番があります。
    作成方法 その3

右側に納付月数に応じた保険料額(見込)が表示されます。
入力した前の状態に戻す場合は、左上の「入力前の状態に戻す」ボタンをクリックし、入力した条件で年金見込額試算を続けて実施する場合は、右下の「年金見込額試算に進む」のボタンをクリックします。

作成方法 その2