このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

「平成28年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出について

180010-817-429-422 更新日:2015年10月30日 印刷する

  • 老齢年金(※)には、所得税法により、『雑所得』として所得税およびダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。復興特別所得税(PDF 167KB)がかかります。
    なお、障害年金、遺族年金には税金はかかりません。
    ※老齢年金とは、老齢または退職を支給事由とする年金(老齢福祉年金を除く。)をいいます。
  • 所得税の課税対象となる方は、各種控除を受けるためには、「扶養親族等申告書」を提出する必要があります。
  • 所得税の課税対象となる方は、次の金額の老齢年金を受け取られた方です。
     1.65歳未満の方は108万円以上
     2.65歳以上の方は158万円以上
  • 「扶養親族等申告書」を提出されない場合は、各種控除が受けられないだけでなく、源泉徴収税率も異なります。
  • 年金に係る所得税額および復興特別所得税額の計算は、課税対象となる方が提出された「扶養親族等申告書」をもとに行われています。
  • 「扶養親族等申告書」に関するQ&Aについては、こちらをご覧ください。

扶養親族等申告書の送付について

日本年金機構は、毎年、所得税の課税対象となる方に、「扶養親族等申告書(はがき形式、2種類のうちいずれか)」をお送りしています。
平成28年分は、平成27年10月下旬より順次お送りしておりますが、お手元に届くまで、郵便事情等を考慮し、一週間程度お待ちください。
お送りした「扶養親族等申告書(はがき形式)」によって、記入方法が異なりますのでよくご確認ください。

「扶養親族等申告書」の種類 記入方法
1 青色のはがき 昨年も扶養親族等申告書を提出された方(継続提出者) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。継続提出者(青色のはがき)の方はこちら(PDF 7,009KB)
2 墨色のはがき 昨年に扶養親族等申告書を提出する必要がなかった方(新規提出者) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新規提出者(墨色のはがき)の方はこちら(PDF 6,005KB)

(注)「扶養親族等申告書(はがき形式)」を棄損または紛失された方は、こちらからダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申告書(PDF 608KB)をプリントアウトし、必要事項を記入のうえ、封筒に入れて、日本年金機構まで提出してください。
必要事項の記入方法は上記2の「新規提出者の方(墨色のはがきの方)」をご覧ください。
 提出先: 〒119-0220 東京都杉並区高井戸西3丁目5番24号
 日本年金機構 宛
 *この郵便番号は扶養親族等申告書の提出専用となっております。

「扶養親族等申告書」の提出は、電子申請でも手続可能です。
電子申請での手続をご希望される方は、電子政府の総合窓口(e-Gov:イーガブ)より行ってください。

電子政府の総合窓口(e-Gov:イーガブ)(外部リンク)

(注)電子申請で手続を行われるときは、申請内容の盗視、改ざん、なりすまし等を防止するために電子証明書が必要となります。

扶養親族等申告書の手引きにおける表現について(お願い)

  • 申告書(はがき)と同封のリーフレット「扶養親族等申告書の手引き」の説明において、「寡婦」に該当し、扶養親族のいらっしゃる方の所得要件に関する記載に一部誤解を招く表現がありました。
  • 以下の「お願い」をよく読んで、正しく申告されますようお願い申し上げます。

前年から引き続き申告書を提出する方

今年はじめて申告書を提出する方

ねんきんダイヤル

※050から始まる電話でおかけになる場合は、03-6700-1165

その他

所得税に関することについては、財務省ホームページをご覧ください。

財務省ホームページ(外部リンク)

住民税に関することについては、総務省ホームページをご覧ください。

総務省ホームページ(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る