トップ>機構を知る>公的年金制度の仕組み

Mechanism 公的年金の仕組み

日本の公的年金制度とは?

日本の公的年金制度は、若いときに公的年金制度に加入し保険料を納め続けることで、年をとったとき、病気などで障害が残ったとき、一家の働き手が亡くなったときに安定した生活を送れるよう年金を受け取ることができる制度です。

公的年金の給付

日本の公的年金制度は、20歳以上60歳未満のすべての方が加入する国民年金と、会社員・公務員が加入する厚生年金保険の2階建て構造であり、それぞれの年金制度において保険料を納付しています。公的年金は、高齢者の方が受け取る老齢年金のほか、障害年金、遺族年金の計3種類の給付があります。

  • 老齢年金

    65歳以降、国民年金から「老齢基礎年金」を生涯受け取ることができます。また、厚生年金保険(会社員・公務員が加入する年金)に加入していた方は「老齢厚生年金」が上乗せされます。


  • 障害年金

    病気やけがで障害が残ったとき、障害の程度に応じて国民年金から「障害基礎年金」を受け取ることができます。また、厚生年金保険に加入している方は「障害厚生年金」が上乗せされます。


  • 遺族年金

    一家の働き手が亡くなったとき、子のある配偶者、または子は、国民年金から「遺族基礎年金」を受け取ることができます。また、亡くなった方が厚生年金保険に加入していた場合は、「遺族厚生年金」が支給されます。

公的年金は世代と世代の支え合いで運用

「世代間扶養」という考えのもとで、現役世代が納めた保険料は、高齢者の方の年金として支給され、現在の現役世代が高齢者になったときは、子ども世代が納めた保険料が年金に充てられます。保険料以外にも国庫(税金)や積立金が年金の給付に充てられます。よって、給付の水準を改定(年金額のスライド)することで、物価の上昇などが発生しても実質的に価値のある給付を実現することができます。

現役世代の納める保険料 国庫負担税金)

公的年金制度の3つの特徴

  • 国民皆年金

    基本的に20歳以上60歳未満のすべての人に、公的年金への加入の義務があります。こうした国民皆年金制度によって、安定的に保険料収入が確保でき、社会全体で年金を受け取っている方を支えることができます。

  • 社会保険方式

    現役世代が納める保険料を基本の財源として、そこに国庫負担(税金)を組み合わせることで、安定的に年金の給付を行うことができる仕組みです。原則的には保険料を納めなければ年金を受け取ることはできません。

  • 世代間扶養

    現役世代が納める保険料によって高齢者の年金を支給する「世代と世代の支え合い」、すなわち世代間扶養の仕組みによって成り立っています。これにより年金の給付は生涯にわたって続き、賃金や物価の変動にも対応できます。