トップ>職員紹介>Eight stories 1

Eight stories1

職員紹介

Eight stories1

職員紹介

福永 葉月ふくなが はづき

中京年金事務所
厚生年金適用調査課
平成27年入構

志望動機は何でしたか?

志望動機は何でしたか?

志望動機は何でしたか?

大学内で開催された日本年金機構の説明会に参加したとき、就職活動で私が軸としていた「お客様との距離が近い場所で、多くの人の役に立てる仕事」と「結婚しても続けられる仕事」にぴったり当てはまる仕事だと感じました。お客様の近くで充実感ある業務に携われること、日頃の休暇や産休・育休もきっちり取得でき、結婚・出産後も働きつづけられることなど、ワークライフバランスが整った、まさに希望どおりの職場だと思い志望しました。

今はどんな仕事をしているのですか?

今はどんな仕事をしているのですか?

今はどんな仕事をしているのですか?

厚生年金保険に加入する事業所に対して、訪問や呼出により届出が適正かどうかの調査を行うほか、未加入の場合の加入指導を行います。適正な手続きは、事業所で勤務される方の年金権を守り、年金制度の安定的な運営につながります。調査では、賃金台帳や出勤簿などの提示を求め、届出に誤りがあった場合は、制度説明と適正な届出を促します。管轄する地域ごとに特性があり、社会情勢によっても意識すべき点が変わる、業務の幅広さと奥深さを感じています。

当機構の魅力は何ですか?

当機構の魅力は何ですか?

当機構の魅力は何ですか?

複雑な公的年金制度に対し、学べる環境が整っているところです。内定後は、インターネットを利用した通信研修「eラーニング」が受講でき、事前に公的年金制度の基礎を学べたことで入構後はスムーズに業務に携わることができました。もちろん職場では、分からないことは上司・同僚問わず何でも質問でき、積極的に発言することも歓迎されます。そんな環境だからこそ、お客様を第一に考えた前向きな姿勢で仕事に専念できるのだと思います。

チームのメンバー職場の雰囲気
について教えてください。

チームのメンバーや職場の雰囲気について教えてください

チームのメンバー職場の雰囲気
について教えてください。

婚約を機に、結婚後に住む予定の京都への異動を希望したところ、その希望どおり中京年金事務所へ異動となりました。これは全国に年金事務所があるからこそ叶ったのだと思います。今の事務所も以前いた事務所も、課室を問わず知識豊富な先輩方から丁寧に教えていただけるので、皆さんの力を借りながら仕事に取り組めています。仕事終わりに食事に行ったり、休日に同期と集まったりと、公私共に良い関係が築けています。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

計画性と時間の意識を大切にして、できるだけ定時に作業を終えるよう集中して仕事をし、リフレッシュできる時間を作る。そんな仕事とプライベートの両方が充実するライフスタイルを目指しています。仕事では、国民年金と厚生年金保険の適用の仕事をしてきた経験を生かした相談業務のできる職員になりたいと考えています。

1日のスケジュール

8:00
出勤
  
8:15
始業・朝礼
連絡事項の確認や情報共有。メールチェック。
8:30
開所
電話および窓口にてお客様対応。
9:30
外出
事業所へ訪問調査。
11:30
帰所
訪問調査結果について上司に報告、記録をまとめる。
12:00
昼休み
(電話、窓口対応の昼当番日は、13:00〜14:00にお昼休み)
13:00
調査業務
来所した事業所の担当者が持参した帳簿類の確認、制度説明。
16:30
書類整理
仕事の進捗状況を確認。
17:15
退勤
翌日の予定を確認し、帰宅。

就活生へひとこと

「さまざまな会社や職業を知ることで世の中を学ぶ」

私にとって就職活動は、どのような会社や職業があるのかを知ることで世の中を学べる貴重な機会であり、それを楽しんでいました。視点を変えて行動すると、大変なことも意味のあるものだと気付きます。興味を持った分野や会社をリサーチし、説明を聞いていくうちに自分の働き方をイメージし、将来のビジョンを固めていくことで自分の就職活動の軸が見えてくると思います。その軸を大切にさまざまな会社を知る中で、皆さんが日本年金機構に興味を持っていただけると嬉しいです。

Spot

私のお気に入りスポット

私が働く「中京年金事務所」近くの
お気に入りスポットを紹介します。

鴨川

鴨川

最寄り駅から当事務所までの通勤途中に見える鴨川の景色がお気に入りです。四季が感じられますし、川面を優雅に泳ぐ鳥や清らかな川の流れに癒やされます。特に朝は、その清々しい景色を見ていると「よし、今日も頑張ろう」と思えます。

  • interview2

ページトップへ