トップ>職員紹介>Eight stories 7

Eight stories7

職員紹介

Eight stories7

職員紹介

佐藤 陽子さとう ようこ

相馬年金事務所
国民年金課長
平成5年入庁(社会保険庁)

志望動機は何でしたか?

志望動機は何でしたか?

志望動機は何でしたか?

もともと「働きたい」という思いが強く、高校入学後から公務員試験に向けて勉強をしていました。当時の社会保険庁と食糧庁とで迷いましたが、花屋でのアルバイト経験から接客の楽しさを感じていましたし、公的年金の仕事にも関心があったので社会保険庁に決めました。お客様と身近に接する機会が多いことが何より魅力的ですし、将来の子育てのことも考えて、規則正しく安定したこの仕事を選んで正解だったと今、感じています。

今はどんな仕事をしているのですか?

今はどんな仕事をしているのですか?

今はどんな仕事をしているのですか?

国民年金の加入・脱退手続きや保険料免除、徴収業務に従事するチームの課長として指揮・統括を行っています。その中でも徴収業務では、市町村や民間委託業者と連携し、保険料を納めていただくことで年金受給につなげていく対策を講じています。職員にとっても大変厳しい業務ですが、それでもみんなが楽しく前向きに仕事ができるよう、上下関係を越えて話しやすく仕事のしやすい職場の雰囲気づくりを心掛けています。

当機構の魅力は何ですか?

当機構の魅力は何ですか?

当機構の魅力は何ですか?

日本年金機構になって大きく変わったと思うのは、若くても能力があれば早期に管理職となり役員を目指せるということです。かつての年功序列を重視したような昇進制度はありません。年齢に関係なく、新人でも責任ある仕事を任せてもらえます。また、育休や有給休暇が取りやすい環境です。私自身も育休を取得し、職場に復帰しました。出産を経ても仕事を続けられるよう配慮されている職場環境は、女性にとって魅力的だと思います。

チームのメンバー職場の雰囲気
について教えてください。

チームのメンバーや職場の雰囲気について教えてください

チームのメンバー職場の雰囲気
について教えてください。

私の経験上、業務の内容や勤務先が異なっても、職場の雰囲気の良さと職員同士の結束力は変わりません。チーム一丸となって達成した喜びを課の職員全員と分かち合える組織です。もちろん、相馬年金事務所も同様。全体で21人という小規模の事務所ですので、コミュニケーションの取りやすさは抜群です。残業時間に私が手作りおにぎりを部下に振る舞うと、喜んで食べて一緒にもうひと踏ん張りしてくれる、そんなアットホームな職場です。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

仕事だけでなく、家族のお弁当にも冷凍食品などで手を抜きたくない私のモットーは「仕事は楽しく、暮らしを丁寧に」です。時間が足りないと感じる毎日ですが、効率よく働き、時間を有効活用していくこと、そして、人間力を高めていくことが目標です。職場の仲間やお客様などから、良い刺激や影響を受けてきたように、これからも年齢やポジションに関係なく、人との関わりを大切に、良いところを吸収し、人として成長していけたらと思います。

1日のスケジュール

7:45
出勤
メールや、本部からの指示・事務連絡を確認。
8:15
始業・朝礼
連絡事項の確認や情報共有、部下の業務内容をチェック。
8:30
窓口対応
電話および窓口でのお客様対応。実績向上の対策を検討。
12:00
昼休み
  
13:00
外出
市町村との情報交換や協力依頼。
17:00
書類整理
受理した届書の確認。
18:30
退勤
部下の業務進捗や翌日の予定を確認し、帰宅。

就活生へひとこと

「人生は一度きり!行動あるのみ!思い立ったら、まずは行動あるのみ!」

20代に出産を経験し、家庭と仕事の両立で過ごした日々はあっという間で、人生において時間は限られているのだと実感しています。だからこそ、就職活動中の皆さんに言いたいのは「人生は一度きり!行動あるのみ!」です。行動を起こさず、何年も経った時に後悔するのはもったいないと思います。私も子どもが成長し、少しずつ自分の時間を持てるようになってきたので、心残りがないよう、やりたいことを実行し楽しんでいこうと思います。

Spot

私のお気に入りスポット

私が働く「相馬年金事務所」近くの
お気に入りスポットを紹介します。

松川浦大橋からの海岸線

松川浦大橋からの海岸線

相馬の海です。松川浦大橋からの海岸線がとても好きです。遮るものがなく水平線がどこまでも続く大パノラマを見ていると、心が浄化されます。出身が相馬なので、小さい頃から家族で来ていた思い出の場所でもあります。今も時間に余裕がある時は、ドライブがてら訪れています。

  • prev
  • next

ページトップへ