トップ>職員紹介>Five stories 5

Five stories5

職員紹介

Five stories5

職員紹介

記録管理・提供業務

川下 元一かわしも もとかず

熱田年金事務所
お客様相談室長

志望動機は何でしたか?

志望動機は何でしたか?

志望動機は何でしたか?

私の生家は、祖父・祖母と三世代同居の家族でした。そのため幼い頃から、現役を退いた祖父母が、毎日、楽しく朗らかに生活している姿を見て育ちました。年金が給付された月には、おもちゃを買ってもらったりすることもあり、子ども心に年金の大切さを身近に感じていたことも理由のひとつです。大学卒業時には、複数の就職先を検討しましたが、「多くの人たちの安心を支える仕事をしたい」と思い、当時の社会保険庁に入庁しました。

今はどんな仕事をしているのですか?

今はどんな仕事をしているのですか?

今はどんな仕事をしているのですか?

熱田年金事務所のお客様相談室で、12名のスタッフとともに仕事をしています。年金記録の確認や年金の受け取りに関することなど、あらゆる質問・相談にお応えしています。職員一人ひとりの日々の対応が、年金制度そのものの信頼を支えていると感じます。窓口での年金相談が終わった後に、お客様から「ありがとう」の言葉をいただいた時や、感謝の手紙を受け取った時にはやりがいを感じます。

当機構の魅力は何ですか?

当機構の魅力は何ですか?

当機構の魅力は何ですか?

日本年金機構では、すべての正規職員が全国異動を行い、現場業務と管理業務の経験を通じて幹部育成を行うことを基本的なキャリアパターンとしています。そのため、全国に活躍のフィールドがあることは魅力的ですね。さまざまな土地を訪れ、その土地の風土を感じ、地域の人々との出会いを大切にしたいと思います。私はランニングが趣味なので、日本各地を走ってみたいですね。

チームのメンバー職場の雰囲気
について教えてください。

チームのメンバーや職場の雰囲気について教えてください

チームのメンバー職場の雰囲気
について教えてください。

熱田年金事務所の職員は約50名。若手の職員も多く、とても活気のある職場です。毎月、所長・副所長と各担当課の補佐、若手職員が集まって「業務知識の底上げを図るための研修制度を充実させよう」と、業務改善に向けた取り組みなどを積極的に行っています。世代間・部署間のコミュニケーションも活発で、困った時には誰にでも相談できる雰囲気が特徴です。お客様満足度の高い相談窓口にするため、小さな工夫を、日々積み重ねています。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

将来のビジョン、目標などを聞かせてください。

私のモットーは「物事をポジティブに考える」「どんな時も元気で、笑顔でいることを心掛ける」です。日本年金機構は、個人情報流出問題によって国民の皆さまの信頼を損なってしまいました。失った信頼を取り戻すための特効薬はありません。職員一人ひとりが、日々の業務の中で小さな努力を積み上げていくしか方法はないのです。私自身がそのことを肝に銘じ、部下にも伝えていくことで、信頼される組織を築き上げていきたいと思います。

1日のスケジュール

7:30
出勤
指示・メールのチェック。
8:15
始業・朝礼
朝礼にて連絡事項の確認や情報共有を行う。
8:30
開所
窓口でのお客様対応。
12:00
お昼休み
同僚と一緒に食事。お客様の来所や電話対応があるため昼休みは交替制。
13:00
電話対応
電話でお客様に対応、届書の手続き状況を確認。
15:30
書類確認
返戻書類のチェック。
事務センターから返戻された届書について、お客様に不足書類提出を依頼。
17:00
書類整理
事務手続きが滞らないように、受け付けた届書の整理整頓。
17:45
退勤
 

就活生へひとこと

「思い立ったら、まずは行動あるのみ」

志望する業界で職場訪問のチャンスがあれば、ぜひ積極的に訪ねてみることをお勧めします。職場の雰囲気を肌で感じ、職員の話を聞くことで、就職セミナーでは分からなかった会社の魅力・特徴が実感できるはずです。

Spot

私のお気に入りスポット

私が働く「熱田年金事務所」近くの
お気に入りスポットを紹介します。

久留米駅前イルミネーション

熱田神宮

職場から歩いて約10分の熱田神宮は「熱田さん」の愛称で古くから崇敬を集める名社です。約6万坪(約19万㎡)の境内には、樹齢千年を超えるという楠が生い茂り、心身ともに英気を養うことができますよ。

  • prev