このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

遺族基礎年金・遺族厚生年金を受けている方の子が結婚したりしたとき

180010-611-374-139 更新日:2015年10月1日 印刷する

年金の加算金額の対象者となっている子が、次のいずれかに該当したときは、受けている年金額が変更されます。この場合はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「加算額・加給年金額対象者不該当届」の提出が必要です。(PDF 440KB)

1.届出が必要な事由

(1)亡くなられたとき

(2)結婚したとき(内縁関係を含む)(3)離縁したとき

(4)年金を受けている方により生計を維持されなくなったとき
(5)養子縁組したとき
(6)障害の状態である子が18歳到達年度の末日(3月31日)以降に障害の状態でなくなったとき なお、(1)子が18歳到達年度の末日を経過したとき、(2)障害の状態にある子が20歳になったときも、年金額は変更になりますが、届出の必要はありません。

2.届書の提出先

提出先はお近くの年金事務所または街角の年金相談センターになります。また、遺族基礎年金のみを受けている方は市区町村役場でも提出できます。

様式及び記入例
加算額・加給年金額対象者不該当届 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式(PDF 440KB) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例(PDF 78KB)

3.提出についての注意点

 この届出がされないと、加算額を受け取り過ぎて、後でお返しいただくことになりますので、すみやかな届出をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る