このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

結婚や養子縁組などをしたとき

180010-862-533-993 更新日:2018年7月12日 印刷する

遺族年金を受けている方が、結婚や養子縁組などの、下記の表に該当したときは、年金を受ける権利がなくなります。この場合は失権の事由に該当した日から、遺族基礎年金については14日以内に、遺族厚生年金は10日以内に「遺族年金失権届」の提出が必要です。
なお、遺族年金失権届の「失権の事由に該当した年月日」欄には、下表の「理由」欄の事実に該当した年月日を記入してください。ただし、遺族年金を受けている方が亡くなった時の手続きは、こちらをご覧ください。

1.届出が必要な事由

対象者 遺族基礎年金 遺族厚生年金 理由

・妻本人が右の1~3のいずれかに該当するとき・生計を同じくしている子のすべてが右の1~5のいずれかに該当したとき

右の1~3のいずれかに該当したとき
  1. 亡くなったとき
  2. 結婚したとき(内縁関係を含む)
  3. 直系血族または直系姻族以外の方の養子となったとき
  4. 離縁したとき
  5. 障害の状態でなくなったとき(ただし、子が18歳到達年度の末日までは除く。夫、父母、祖父母については受給権発生当時55歳以上の方は除く。)

・夫本人が右の1~3のいずれかに該当するとき・生計を同じくしている子のすべてが右の1~5のいずれかに該当したとき

右の1~3または5のいずれかに該当したとき
  1. 亡くなったとき
  2. 結婚したとき(内縁関係を含む)
  3. 直系血族または直系姻族以外の方の養子となったとき
  4. 離縁したとき
  5. 障害の状態でなくなったとき(ただし、子が18歳到達年度の末日までは除く。夫、父母、祖父母については受給権発生当時55歳以上の方は除く。)
右の1~5のいずれかに該当したとき
  1. 亡くなったとき
  2. 結婚したとき(内縁関係を含む)
  3. 直系血族または直系姻族以外の方の養子となったとき
  4. 離縁したとき
  5. 障害の状態でなくなったとき(ただし、子が18歳到達年度の末日までは除く。夫、父母、祖父母については受給権発生当時55歳以上の方は除く。)
父母

・右の1~5のいずれかに該当したとき・死亡当時、胎児であった子が生まれたとき

  1. 亡くなったとき
  2. 結婚したとき(内縁関係を含む)
  3. 直系血族または直系姻族以外の方の養子となったとき
  4. 離縁したとき
  5. 障害の状態でなくなったとき(ただし、子が18歳到達年度の末日までは除く。夫、父母、祖父母については受給権発生当時55歳以上の方は除く。)
 

・右の1~5のいずれかに該当したとき・死亡当時、胎児であった子が生まれたとき

  1. 亡くなったとき
  2. 結婚したとき(内縁関係を含む)
  3. 直系血族または直系姻族以外の方の養子となったとき
  4. 離縁したとき
  5. 障害の状態でなくなったとき(ただし、子が18歳到達年度の末日までは除く。夫、父母、祖父母については受給権発生当時55歳以上の方は除く。)
祖父母  

・右の1~5のいずれかに該当したとき・死亡当時、胎児であった子が生まれたとき

  1. 亡くなったとき
  2. 結婚したとき(内縁関係を含む)
  3. 直系血族または直系姻族以外の方の養子となったとき
  4. 離縁したとき
  5. 障害の状態でなくなったとき(ただし、子が18歳到達年度の末日までは除く。夫、父母、祖父母については受給権発生当時55歳以上の方は除く。)

2.届書の提出先

年金事務所または街角の年金相談センターに提出してください。

様式および記入例

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る