このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

遺族年金を支給停止されていた方が年金を受けられるようになったとき

180010-107-898-607 更新日:2017年4月3日 印刷する

遺族基礎年金・遺族厚生年金が全額停止されていた方で、支給停止の期間が満了したり、母が遺族基礎年金を受けられなくなったりしたなどで、年金を受けられるようになったときは、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「遺族年金受給権者支給停止事由消滅届」(PDF 267KB)の提出が必要です。

(1)子が受けられるようになるとき

 妻が遺族年金を受けている間は、子の遺族年金は全額停止されます。妻が次のいずれかに該当したときは、妻に代わって子が遺族年金を受けられるようになります。

  •  亡くなったとき
  •  結婚したとき(内縁関係を含む)

(2)夫、父母、祖父母が受けられるようになるとき

 遺族年金を受けられる権利が発生したときに、60歳未満のために年金が支給停止されていた夫、父母、祖父母が60歳になると、遺族年金を受けられます。
 ただし、遺族年金以外にも受けられる年金がある場合は、受け取る年金を選択することになります。

(3)届書の提出先

提出先はお近くの年金事務所または街角の年金相談センターになります。

様式及び記入例
遺族年金受給権者支給停止事由消滅届 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式(PDF 267KB) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例(PDF 205KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る