このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

年金証書・改定通知書・振込通知書を再交付したいとき

180010-593-509-111 更新日:2017年8月8日 印刷する

年金証書を再交付したいとき

再交付申請書をお近くの年金事務所へ提出することにより再交付が可能です。
届書(ハガキ様式)は、年金事務所、 または街角の年金相談センターの窓口に備え付けてあります。
または、ねんきんダイヤルにお問い合わせいただければ申請書の送付を承ります。
お急ぎの場合は年金事務所または、街角の年金相談センターに直接お越しいただければ即日交付が可能です。(ただし、即日交付できない場合もございますので、あらかじめご了承願います。)

「年金証書再交付申請書」様式及び記入例

改定通知書や振込通知書を再交付したいとき

交付依頼については電話での受付が可能です。 ねんきんダイヤルもしくは年金事務所 へご依頼ください。
なお、ねんきんダイヤルで受付した場合、受付から発送まで5営業日程かかりますので到着までは配達日数を加味してお待ちください。
お急ぎの場合は年金事務所または、街角の年金相談センターに直接お越しいただければ即日交付が可能です。
(ただし、即日交付できない場合もございますので、あらかじめご了承願います。)

「改定通知書・振込通知書再交付申請書」様式及び記入例

  • 改定通知書及び振込通知書の詳細については こちらです。

再交付手続き時の注意点

(1)共通事項

  • 送付する際のあて先は、年金機構に登録している年金を受けている方の住所および氏名宛になります。
  • 本人以外への交付を希望する場合は、委任状来所される方の身分が確認できる物を持参のうえ、年金事務所へ来所願います。

(2)年金証書

  • 汚したり、破いたりした場合は、お手元にある年金証書を回収させていただきますので添付してください。
  • 年金担保融資を受けている方は、再交付できません。
  • 亡くなられた方の年金証書の再交付もできません。

(3)改定通知書

  • 過去5年以内に交付した改定通知書の再交付が可能です。
  • 死亡した方の改定通知書の再交付も可能です。
    ただし、交付できる方は、死亡した方が受けていた年金の未支給年金の請求者になります。
    また、財産管理人の方へも交付が可能です。財産管理人であることが確認できる書類が必要ですのでお電話での受け付けは出来ません。申請書郵送による依頼か来所による交付依頼をお願いします。

(4)振込通知書

  • 最新の振込通知書のみ再交付が可能です。
  • 年金担保融資を受けている方には、当初より送付しておりませんので再交付も出来ません。
  • 亡くなった方の振込通知書の再交付は出来ません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る