このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

老齢基礎年金を受けている方が公的年金等を受けることになったとき

180010-387-430-019 更新日:2014年4月21日 印刷する

老齢基礎年金に振替加算が加算されている方が、次にあげる公的年金制度等から老齢や退職の年金を受けられるようになったときは、振替加算が加算されなくなります。この場合は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「国民年金 老齢基礎年金加算額不該当届」(PDF 106KB)の提出が必要です。

公的年金の種類

(1)厚生年金保険法の老齢厚生年金
(2)各種共済組合等の退職共済年金
(3)恩給法
(4)地方公務員の退職年金に関する条例
(5)執行官法
※ 老齢および退職を事由とする年金は、加入期間が240月(厚生年金保険法の中高齢者の特例に該当する方を含む)以上あるものに限ります。
※ (1)のときは、振替加算額は自動的に停止されるため届出は必要ありません。

1.届書の提出先

提出先はお近くの年金事務所または街角の年金相談センターになります。

様式及び記入例
国民年金 老齢基礎年金加算額不該当届 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式(PDF 106KB) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例(PDF 61KB)

2.提出についての注意点

この届出がされなと、振替加算額を受け取り過ぎて、後でお返しいただくことになりますので、すみやかな届出をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る