このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

協定相手国別の注意事項(オランダ)

150010-721-994-591 更新日:2015年4月9日 印刷する

1.海上航行船舶の乗組員の取扱い

海上航行船舶において就労する被用者については、その雇用者の所在する締約国の強制加入に関する法令のみを適用することとなります。

2.1年インターバルルール

日本からオランダへの派遣が2回目以降の場合は、直近の一時派遣によるオランダでの就労期間が終了した時点から次の一時派遣による就労期間が開始する時点までの間に少なくとも1年が経過していることが必要です。
オランダから日本への派遣についても同様です。

3.オランダ制度への継続加入

オランダから日本へ一時派遣または一時的に自営活動をする人(期間が5年を超えないと見込まれる場合)は、その期間、オランダ国内で居住、就労しているとみなされ、オランダの社会保障制度に継続して加入することとなります。

4.派遣期間の延長について

予見できない事情や企業・被用者など重大な困難を及ぼすなど特別の事情があり5年を超えて派遣期間が延長される場合については、日蘭両国で個別に判断のうえ合意した場合に、1年を超えない期間は派遣元の社会保障制度にのみ引き続き適用されることができます。ただし、延長の申請については、当初5年の派遣期間が満了する前にオランダ側と協議を開始する必要がありますので、当該満了日の1カ月前までに延長の申請書を管轄の年金事務所に提出して下さい。
延長が認められなかった場合は、当初派遣から5年以降は、派遣先の国の制度にのみ適用されることとなります。

5.随伴家族の取扱い

オランダとの協定では、就労者に随伴する家族に関する適用調整の規定がありません。
オランダから日本への一時派遣・自営活動者に随伴する配偶者及び子は、日本国内で就労しない場合でも日本の法令(年金・医療保険)が適用されます。

6.オランダ年金加入期間要件の特例

オランダの老齢給付では、最低加入要件がありません。
なお、1957年以前のオランダ居住期間または有給の雇用期間(15歳以上)がある人は、59歳以後にオランダまたは日本で6年居住していた場合には、その1957年以前の期間が給付額の計算に考慮されます。

オランダの障害または遺族給付については、オランダでの雇用・居住期間が12ヶ月以上ある人が日本の年金加入期間中に障害または死亡が生じた場合にも、給付を受けることができます。

7.オランダ老齢年金の消滅時効(申請受付開始時期)

各月支給額の消滅時効は、原則1年となっています。
オランダの老齢年金は、受給権が発生する6ヶ月前から申請をすることができます。

8 .オランダ年金制度の期間の日本の年金制度への通算方法

日本の年金加入期間のみでは受給資格要件を満たさない場合に、この要件を満たすために、オランダで被用者または自営業者として就労していた期間などの保険料を納付していた期間を、重複しない限りにおいて、日本の年金加入期間に算入することができます。
オランダで保険期間と扱われる期間のうち、オランダでの居住のみに基づくものは、日本の年金加入期間に算入することができません。

9 .日本でのオランダ年金受給

協定により、日本に居住する人も一部または全額停止なしにオランダ年金を受給することができます。
なお、協定が発効する以前にすでにオランダ年金を受給し、一部または全額停止されたいた人については、その停止が解除され、停止されていたものが遡及して支給されます。

10 .オランダ年金の受給方法

オランダ年金は、原則、毎月1回、銀行口座(ユーロ)への振込により支払が行われます。

11 .オランダ在住者の所得税の取扱い

オランダに居住している人が日本の年金を受給する場合、年金に対する所得税はオランダで課税対象となり、日本では非課税となります。
この取扱いを受けるためには、「租税条約に関する届出書(様式9)」を提出する必要があります。
届出書を日本の国税庁のホームページ(http://www.nta.go.jp/)から取得して、二部作成し、日本年金機構本部に提出する必要があります。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る