このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

国民年金保険料の後納制度

160020-832-591-395 更新日:2016年6月28日 印刷する

 過去5年分まで国民年金保険料が納められます!

 後納制度とは、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができる制度です。
 後納制度を利用することで、年金額が増えたり、納付した期間が不足して年金を受給できなかった方が年金受給資格を得られる場合があります。詳しい内容は、下記の専用ダイヤル、または最寄りの年金事務所にお問い合わせください。
 
 過去10年間に納め忘れた国民年金保険料を納付することで将来の年金額を増やすことができる「10年の後納制度」は、平成27年9月30日をもって終了しました。
※10年の後納制度の申込書受付状況等はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちらへ(PDF 1,439KB)

お問い合わせ先

(1)国民年金保険料専用ダイヤル 0570-011-050

受付時間
月曜日 午前8時30分~午後7時00分
火曜~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
第2土曜日 午前9時30分~午後4時00分

※月曜日が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日に午後7時00分まで相談をお受けします。
※祝日(第2土曜日を除く)、12月29日~1月3日はご利用いただけません。

(2)最寄りの年金事務所

ねんきんネット」では、お客様ご自身が現在、納めることが可能な保険料額を一覧できる機能や、後納した場合の年金見込額を自動的に試算できる機能(納付しなかった場合とのグラフ比較も可能)をご利用できます。※老齢年金を受給している方などは、「ねんきんネット」の後納に関する機能をご利用できません。

後納制度で2年以上前の保険料を納付するメリット

  • 保険料を納付することにより、年金を受けるために必要な資格を得られる可能性があること
  • 保険料を納付することにより、将来受け取る年金額が増額すること

 <1カ月分の後納保険料を納付することにより、増額する老齢基礎年金の目安>

計算式(年額で約1,625円増額)

後納制度をご利用いただける方

  1. 20歳以上60歳未満の方で、5年以内に納め忘れの期間(納付・免除以外)や未加入期間がある方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、上記1.の期間のほか任意加入中に納め忘れの期間がある方
  3. 65歳以上の方で、老齢年金の受給資格がなく任意加入中の方など

※ 60歳以上で老齢基礎年金を受け取っている方は申し込みできません。
※ 特定期間となっている期間は特例追納をご利用ください。

「後納制度リーフレット」、「国民年金後納保険料納付申込書」など

ご質問

※ よくあるご質問は年金Q&A
※ お電話でのお問い合わせは国民年金保険料専用ダイヤル

関連リンク

5年の後納制度の申込書受付状況等(平成28年4月末現在)

国民年金後納保険料のお知らせの送付状況及び相談受付等の状況をお知らせします。
 
 ・相談受付件数 87,103件
 ・申込書受付件数 116,896件
(申込受付人数 108,926人)
 
また、老齢基礎年金が裁定された方のうち後納制度を利用された方は以下のとおりです。
 ・老齢基礎年金が裁定された方のうち、裁定前に後納制度を利用された方 14,124件
 ・上記のうち、後納制度を利用したことにより受給資格期間を満たした方 6,060件

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る