このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

年金手帳を紛失又はき損したとき

160030-488-849-408 更新日:2018年8月22日 印刷する

1.手続内容

年金手帳を紛失又はき損したとき、または届出によらず、住民基本台帳ネットワークの異動情報に基づき、氏名変更が行われたときは、個人番号または基礎年金番号を記載した申請書を提出し、年金手帳の再交付を申請することが可能です。

2.被保険者が手続する時期・場所及び提出方法

被保険者が年金手帳再交付申請書を提出します。

区分 内容
手続時期 年金手帳を紛失又はき損したとき、または届出によらず、住民基本台帳ネットワークの異動情報に基づき、氏名変更が行われたとき
手続先
  1. 国民年金第1号被保険者又は任意加入被保険者の場合
    住所地の市区町村役場
  2. 厚生年金保険又は船員保険の被保険者の場合
    勤務する事業所を経由して又は直接、事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  3. 国民年金第3号被保険者の場合
    配偶者の勤務する事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  4. 厚生年金保険の第四種被保険者の場合
    住所地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  5. 最後に加入の年金制度が国民年金であり、第1号被保険者又は任意加入被保険者であった場合
    被保険者であった最後の住所地を管轄する年金事務所
  6. 最後に加入の年金制度が厚生年金保険又は船員保険であった場合
    被保険者であった最後の事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  7. 最後に加入の年金制度が国民年金であり、第3号被保険者であった場合
    被保険者であった最後の住所地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
手続方法 電子申請、郵送、窓口持参

3.提出書類・添付書類等

届書等名称・記入例

年金手帳再交付申請書
添付書類
き損の場合は、年金手帳

4.留意事項

(1)入社の際、再交付を申請される場合は、この届書の「現に被保険者として使用されている(又は最後に被保険者として使用された)事業所の名称、所在地(又は船舶所有者の氏名、住所)」欄には、入社される直前に被保険者として使用されていた事業所の名称、所在地等を記入してください。

(2)過去に国民年金、厚生年金保険又は船員保険に加入したことがある方は、この届書により年金手帳の再発行を請求できますが、共済組合のみ加入の方は、年金手帳ではなく、「基礎年金番号通知書」の再発行を請求することとなります。
この場合、お近くの年金事務所へご相談ください。

(3)年金手帳の再交付については、原則、日本年金機構で管理している住所あてに郵送させていただいております。また、事業所を通じて再交付申請をされた場合は、事業所あてに送付させていただきます。
 申請者※がご本人であることが確認できる身分証明等を年金事務所の窓口に持参された場合に限り、窓口での交付が可能です。
 ※申請者とは、年金手帳再交付申請書に氏名を記入された方になります。

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る