このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

遅延加算金法の施行について

160030-111-131-063 更新日:2014年7月10日 印刷する

 遅延加算金法は年金記録問題の重大性に関して、公的年金制度に対する国民の皆様の信頼を回復するため、年金記録の訂正がなされた上で支給された時効特例給付の額について、現在価値に見合う額になることを目的として、平成21年5月1日に遅延加算金法は公布され、平成22年4月30日から施行されました。

1.法律の概要

2.請求書用紙

3.提出先

遅延加算金詐欺にご注意ください!

年金事務所の職員を装って「遅延加算金をお支払いします」とだまし、お金を振り込ませる詐欺事件にご注意ください。

  • 遅延加算金をATMでお支払いすることは絶対にありません。
  • 携帯電話を持ってATMと言われても、絶対に行かないでください。
  • 相手の言った電話番号をうのみにせず、電話帳などで電話番号を確認して関係機関に問い合わせましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る