このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

届出もれや誤りをなくしましょう。

160030-555-951-729 更新日:2015年3月20日 印刷する

 正しく、誤りのない届出により、皆さまの年金記録は作られていきます。
 忘れずに届け出ること、間違わずに届け出ることが、何より大切です。

1.こんな届出もれや誤りをされていませんか?

 平成22年度に全国で実施した厚生年金保険及び健康保険の事業所調査において、届出にあたっての「もれ」や「誤り」の事例が数多く見受けられました。

 届出内容等に誤りがあると、事業所が納める保険料額が正しく計算されないだけではなく、被保険者が将来受け取られる年金額も正しく計算されないことになります。
 今後の事務手続きは、「もれ」や「誤り」の事例を参考にして、正しい届出を行われますよう、お願いします。

2.年金記録の「もれ」や「誤り」を迅速に訂正する仕組み(年金事務所段階における訂正処理基準)について

  • 年金記録が間違っていると思われる方は厚生労働省に年金記録の訂正請求をすることができます。
  • 年金事務所において訂正請求を受け付ける際、お客様の年金記録の「もれ」や「誤り」を迅速に訂正するため、まずは「年金事務所段階における訂正処理基準」に該当するか確認調査を行います。
  • 「年金事務所段階における訂正処理基準」に該当する場合は、年金事務所において年金記録を訂正します。
  • 「年金事務所段階における訂正処理基準」に該当しない場合は、訂正請求書等を地方厚生(支)局に送付します。
  • 地方厚生(支)局に送付された請求は、弁護士などの専門家により審議され、審議結果に基づき、地方厚生(支)局長による訂正(不訂正)決定が行われます。
  • 訂正決定が行われた場合は、年金事務所において、決定に基づく年金記録の訂正を行います。
  • 年金記録の訂正請求手続きについてはこちらをご参照ください。

○「年金事務所段階における訂正処理基準」には以下のものがあります。

国民年金の年金事務所段階における訂正処理基準

厚生年金保険の年金事務所段階における訂正処理基準

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る