このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

Q. 給与体系が歩合制で、毎月の収入が一定ではありません。また、残業手当についても、時期によって増減がありますが、標準報酬はそれに連動して変わらないのですか。

150010010-857-649-958 更新日:2016年9月6日 印刷する

A お答えします

標準報酬月額の改定は、昇(降)給などによる固定的賃金の変動があり、変動があった月から継続して3か月間に支払われる報酬の金額に大幅な変更があったときに行います。(随時改定)

改定となるかどうかの判断は、固定的賃金に変動があった月から継続して3か月間に支払われる報酬の平均額を算出し、その平均額を基にした標準報酬月額が現在の標準報酬月額と比較して2等級以上の差が生じた場合に改定となります。

また、改定となる対象月は固定的賃金に変動があった月の4か月目からとなります。

給与体系が歩合制で、毎月の収入が一定ではない場合は、固定的賃金の変動がないため標準報酬月額を改定することはできません。また、残業手当が極端に増減したなどの場合も標準報酬月額を改定することはできません。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る