このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

国民年金前納割引制度(口座振替 前納)

160020-152-846-376 更新日:2020年4月1日 印刷する

忙しくて金融機関の窓口やコンビニエンスストアで支払う時間がないという方は、便利な口座振替をご利用ください。なお、まとめて前払い(前納)すると保険料が割引されます。

国民年金前納割引制度(口座振替 前納)について

口座振替の振替方法は、次の5種類から自由に選んでお申込みいただくことができます。
(1)2年前納(4月~翌々年3月分)
(2)1年前納(4月~翌年3月分)
(3)6カ月前納(4月~9月分、10月~翌年3月分)
(4)当月末振替(早割) ※本来の納付期限よりも1カ月早く口座より振替する方法です。
(5)翌月末振替 ※保険料の割引はありません。
まとめて前払い(前納)すると、割引が適用されるのでおトクです。

振替方法別割引額

<令和2年度の振替方法別割引額>
振替方法

1回あたりの納付額

割引額

2年分に換算した割引額

振替日
2年前納 381,960円 15,840円 - 4月30日
1年前納 194,320円 4,160円 8,320円 4月30日
6カ月前納 98,110円 1,130円 4,520円

4月30日
11月2日

当月末振替(早割)

16,490円 50円 1,200円 当月末

翌月末振替(割引はありません)

16,540円 なし なし 翌月末

※振替日が休日の場合は翌営業日に振替されます。
※割引額は年利4%の複利現価法によって計算した額です。

口座振替のお申し込み手続き

  • 預貯金口座をお持ちの金融機関(ゆうちょ銀行を含む)、または年金事務所へ「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」をご提出ください。
  • 申出書は、年金事務所の窓口に備え付けていますが、こちらからプリントアウト(白黒も可)して年金事務所へ郵送することもできます。
  • 口座振替のお申し込みには、基礎年金番号の記入が必要です。基礎年金番号は、年金手帳や日本年金機構からの郵送物等でご確認ください。また、金融機関届出印の押印も必要です。金融機関届出印や口座名義人氏名に誤りがあると、手続きが間に合わない場合がありますのでご注意ください。

口座振替での前納のお申し込みはお早めに

口座振替での令和2年度分2年前納、1年前納、6カ月前納(4月~9月分、10月~翌年3月分)のお申し込みの締切日は、令和2年2月28日(金曜)です。
また、口座振替での令和2年度分6カ月前納(10月~翌年3月分)のお申し込みの締切日は、令和2年8月31日(月曜)です。

※すでに口座振替で前納されている方は、再度のお申し込みの必要はありません。ただし、1年前納から2年前納への変更など、振替方法を変更される場合は、再度お申し込みが必要です。
※保険料が一部免除された方は、口座振替の前納制度はご利用いただけません。
※郵送によるお申し込みの場合、郵便物の到着までに日数がかかりますので、早めに投函していただきますようお願いします。

初めて口座振替で前納制度[2年前納、1年前納、6カ月前納、当月末振替(早割)]をお申し込みされた場合は、直前の1カ月分[2年前納、1年前納、6カ月前納(4月~9月分)の場合はは3月分、6ヶ月前納(10月~翌年3月分)の場合は9月分、当月末振替(早割)の場合は前月分]の保険料が未納の場合は、前納保険料額と同時に振替となります。
令和2年4月中旬に届く「国民年金保険料口座振替額通知書」で実際に口座から振替される金額を確認し、残高不足とならないようご注意ください。
残高不足で口座からの振替ができなかった場合は、次の振替日(2年前納、1年前納の場合は翌年4月末)までの間、割引の無い「翌月末振替」になります。

インターネットでご自身の年金加入記録をいつでも閲覧できる「ねんきんネット」サービスが便利です!

ユーザID・パスワードを取得してご自身の年金加入記録を確認しませんか?

ねんきんネットサービス

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る