このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

Q. 現在、障害基礎年金(1級又は2級)を受給しています。加入する国民年金は法定免除になっていますが、保険料を追納する際に注意する点はありますか。

160020-829-854-873 更新日:2013年3月8日 印刷する

A お答えします

 保険料の追納は、老齢基礎年金の額を増額するために行うものです。

法定免除となった期間について保険料を追納した場合、将来の老齢基礎年金の額は増えますが、現在受給している障害基礎年金は、法律によって障害等級に応じた金額が定められているため、保険料を追納しても額は増えません。

また、65歳になり、老齢基礎年金と障害基礎年金の2つの年金の受給資格を有した場合であっても、どちらか1つの年金を選択して受給することになります。
このため、将来、障害基礎年金の受給を選択し、老齢基礎年金を受給しない場合には、保険料を追納しても実際に受け取る年金額に影響がないことに注意が必要です。

この他、障害基礎年金を受給している方が保険料を追納する際には、以下の点に、特に注意が必要となりますので、よくご理解のうえ、保険料を追納するかどうかを判断してください。

<留意事項1:障害の状態確認が「永久認定」で障害の程度が固定している場合>

 受給している障害基礎年金の障害の状態確認が「永久認定」となっている方は、生涯にわたって障害基礎年金を受給することができます。
このため、保険料を追納しても障害基礎年金の額が増えないことについて、特に注意が必要です。(注)

(注)保険料を追納して老齢基礎年金を増額しても、原則、老齢基礎年金の額が障害基礎年金の額を上回ることはありませんが、付加年金や振替加算により老齢基礎年金の額に一定の金額が加算されるケースでは、障害基礎年金を受給し続けるよりも、老齢基礎年金を選択して受給した方が、より多くの年金額を受給できる場合があります。
この場合、法定免除となった期間の保険料を追納することで、老齢基礎年金の額を増額する(満額又は満額に近づける)ことができます。保険料を追納することによる老齢基礎年金の増加額や、付加年金や振替加算による加算額等については、お近くの年金事務所等にご相談ください。

<留意事項2:障害の状態確認が「有期」で障害の程度が軽快する見込みがある場合>

 受給している障害基礎年金の障害の状態確認が「有期」となっている方は、今後、障害の程度が軽快し、障害基礎年金を受給できる障害の状態に該当しなくなる可能性があります。
この場合、老齢基礎年金の受給資格要件を満たしていれば、老後に老齢基礎年金を受給することが可能ですが、このときの老齢基礎年金は、法定免除となった期間の保険料を追納することで、額を増額する(満額又は満額に近づける)ことができます。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る