このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

180010-733-869-693 更新日:2017年9月1日 印刷する

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

(1)普通障害・特別障害
所得税法上の「普通障害者」と「特別障害者」とは、受給者本人または控除対象配偶者もしくは扶養親族の中で、その障害の内容により、次に該当する方をいいます。

普通障害・特別障害

※1 「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況」とは、精神上の障害のため物事のよしあしが区別することができないか、できるとしてもそれによって行動することができない状態にあることをいいます。また、「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況」にあることは、医師の診断書によって証明されますが、診断書の写しを申告書に添付する必要はありません。
 
※2 「常に就床を要し、複雑な介護を要する方」とは、引き続き6ヶ月以上にわたって身体の障害により就床を要し、介護を受けなければ自ら排せつ等をすることができない程度の状態にあると認められる方のことです。排せつ等の日常生活に支障のある寝たきりのままの方は該当することになります。
なお、「常に就床を要し、複雑な介護を要する方」であることについて、特に証明するものはありませんが、症状が固定すれば身体障害者手帳の交付申請を行うことができます。

(2)寡婦(かふ)・特別寡婦(とくべつかふ)・寡夫(かふ)
所得税法上の「寡婦」、「特別寡婦」、「寡夫」とは、受給者本人が、夫や妻と死別、もしくは離婚した後に婚姻をしていない方、または夫や妻の生死が明らかでない方で受給者本人の所得が一定の要件に該当する方をいいます。詳しくは下表をご参照ください。

寡婦・特別寡婦・寡夫

(3)控除対象配偶者
「控除対象配偶者」とは、受給者本人と生計を同じくする配偶者で、所得のない方または平成29年中の所得の見積額が38万円以下の方のことをいいます。

(4)老人控除対象配偶者
「老人控除対象配偶者」に該当する方は、控除対象配偶者のうち昭和23年1月1日以前に生まれた方です。

(5)控除対象扶養親族(16歳以上)
「控除対象扶養親族(16歳以上)」は、扶養親族のうち、平成14年1月1日以前に生まれた方で、所得のない方または平成29年中の所得の見積額が38万円以下の方のことをいいます。

(6)特定扶養親族
「特定扶養親族」は平成7年1月2日から平成11年1月1日までに生まれた方です。

(7)老人扶養親族
「老人扶養親族」は昭和23年1月1日以前に生まれた方です。

(8)扶養親族(16歳未満)
「扶養親族(16歳未満)」は、扶養親族のうち、平成14年1月2日以降に生まれた方で、所得のない方または平成29年中の所得の見積額が38万円以下の方のことをいいます。
※16歳未満の扶養親族については、扶養控除の対象外となりますが、障害者に該当する場合は障害者控除が適用されます。
※「扶養親族(16歳未満)」欄は、地方税法第45条の3の3及び第317条の3の3の規定による「公的年金等受給者の扶養親族申告書」の記載欄を兼ねています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る