このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

従業員に賞与を支給したときの手続き

160030-918-804-042 更新日:2017年2月20日 印刷する

1.手続内容

(1)賞与についても健康保険・厚生年金保険の毎月の保険料と同率の保険料を納付することになっています。事業主が被保険者へ賞与を支給した場合には、支給日より5日以内に「被保険者賞与支払届」により支給額等を届出します。
この届出内容により標準賞与額が決定され、これにより賞与の保険料額が決定されるとともに、被保険者が受給する年金額の計算の基礎となるものですので適切な届出をお願いします。

○対象となる賞与
賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下の支給のものをいいます。なお、年4回以上支給されるものは標準報酬月額の対象とされ、また、労働の対償とみなされない結婚祝金等は、対象外です。

(2)届出用紙(賞与支払届等)については、日本年金機構に登録されている賞与支払予定月の前月に、被保険者の氏名、生年月日等を印字したものを事業所様へ送付しております。
※賞与支払予定月の登録は、新規適用届、賞与支払届総括表、算定基礎届総括表又は事業所関係変更(訂正)届の提出等により行われます。

(3)賞与にかかる保険料は、実際に支払われた賞与額(税引き前の総支給額)から1,000円未満を切り捨てた額を「標準賞与額」とし、その「標準賞与額」に健康保険・厚生年金保険の保険料率をかけた額です。保険料は、事業主と被保険者が折半で負担します。
標準賞与額の上限は、健康保険では年度の累計額573万円(年度は毎年4月1日から翌日3月31日まで)、厚生年金保険は1か月あたり150万円とされていますが、同月内に2回以上支給されるときは合算した額で上限額が適用されます。

(4)賞与にかかる保険料は、毎月の保険料と合算されて賞与支払月の翌月の納入告知書(口座振替の場合は、納入告知額通知書)で通知されますので、月末までに納入(月末に口座から振替)します。なお、事業主は被保険者負担分を賞与支払時に控除できます。

2.手続時期・場所及び提出方法

被保険者へ賞与を支給した事業主が賞与支払額等について「被保険者賞与支払届」等を日本年金機構へ提出します。

区分 内容
提出時期 賞与支払日から5日以内
提出先 郵送で所定の年金事務所又は事務センター
(都道府県により提出先が異なります。)
提出方法 電子申請、郵送、窓口持参
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。※電子媒体(CD又はDVD)による提出も可能です。(PDF 253KB)

(1)賞与支払届を電子媒体により提出する場合は、日本年金機構ホームページ(電子媒体申請)より「磁気媒体届書作成プログラム」をダウンロードする必要があります。また、提出の際には、事業所名称、事業所整理記号等を記載したラベルを電子媒体に貼付してください。

(2)電子媒体による届出を行う事業主の方で、事前に希望される場合は、賞与支払予定月の前月に被保険者氏名等の基本情報を収録した電子媒体(CD-RW)を送付します。
※賞与支払予定月の登録は、新規適用届、賞与支払届総括表、算定基礎届総括表又は事業所関係変更(訂正)届の提出等により行われます。

○ターンアラウンドCDを活用した被保険者賞与支払届の作成

  1. ターンアラウンドCDの収録情報の取込方法
    1.日本年金機構のホームページから提供している磁気媒体届書作成プログラムのメニューのデータ取込み機能の操作手順に従い、CDに収録されている情報を取り込んでください。
    CDに収録されている情報の取込みは、平成15年4月以降の届書作成プログラムのみ対応可能です。
     ア) 届書作成プログラムを起動後、メニュー画面の[メニュー(M)]より[データ取り込み]を選択し、[ターンアラウンドCD]をCDドライブに挿入してください。
     イ) データ取込み画面の「年金事務所より提供された被保険者データの取り込み」を選択し、パスワードを入力してください。
     ウ) [参照]ボタンをクリックしてCDに収録されたファイル(SHFD0039.DTA)を指定し、[OK(O)]をクリックしてください。
     エ) CDからの被保険者情報収録後、取込み結果画面の[保存終了(R)]をクリックし、取込み結果を届書作成プログラムに反映させます。
     オ) 取込みが完了したら[キャンセル(C)]をクリックしてデータ取込み画面を閉じてください。
    2.既に届書作成プログラムを保有している場合は、ターンアラウンドCDに収録されている情報を取込む際に、入力済みの登録被保険者情報と同一人確認を行い、当該情報を更新することになります。
  2. 届出媒体の作成
     更新された登録被保険者情報を活用し、別途、賞与支払届にかかる届出媒体を作成してください。
     なお、賞与支払届にかかる届出媒体は、年金事務所で保存するため、返却できません。
     また、ターンアラウンドCDは、収録されている情報の取込み後にデータを消去すれば、届出CDとして利用することができます。

(3)賞与支払届を電子申請により提出する場合は、次のホームページをご参照ください。

新規ウインドウで開きます。電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ](http://www.e-gov.go.jp)(外部リンク)
※日本年金機構ホームページ 電子申請(電子申請 (e-Gov)

(4)賞与支払届を電子媒体・電子申請により提出される場合の申請方法についてのお問い合わせ先は、次のとおりです。
○日本年金機構 電子申請・磁気媒体申請照会窓口(ヘルプデスク)

  1. お問い合わせ先
    0570ー058ー555(市内通話料でお話しできます。)
    ※050から始まる電話でおかけになる場合は「03ー6700ー1144」にお電話ください。
    ※次のようなご相談は、年金事務所にお問い合わせください。
     ・社会保険制度について
     ・提出した届書の内容、処理状況について
     ・ターンアラウンドCDの送付先、請求について 等
  2. 受付時間
    月曜~金曜日:午前9時00分~午後7時00分
    第2土曜日 :午前9時00分~午後5時00分
    ※祝日、12月29日~1月3日はご利用いただけません。
    ※「0570」の最初の「0」を省略したり、市外局番を付けたりして間違い電話になっているケースが発生していますので、おかけ間違いにご注意ください。

3.申請及び届書様式・添付書類

届書等名称 記入例
健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF(PDF 1,070KB))(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。EXCEL(エクセル 154KB))
※この届書を電子媒体により届出される場合は、届出用紙に代えて次が必要です。
(1)電子媒体(CD又はDVD)
(2)磁気媒体届書総括票
 
健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届総括表(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF(PDF 454KB))(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。EXCEL(エクセル 88KB))
※ただし、この届書は、電子媒体による届出はできません。
※この届書は、上記1を電子申請により提出される場合、画像ファイル(PDF形式・JPEG形式)による添付データとして提出することができます。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届(エクセル 252KB)
 
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届総括表(エクセル 197KB)
添付書類
無し。
 
※ただし、標準賞与額の年度の累計額573万円(年度は毎年4月1日から翌日3月31日まで)を超える場合は、被保険者からの申出に基づいて次の届書が必要です。
○健康保険 標準賞与額累計申出書 (ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF(PDF 1,005KB)) (ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例(エクセル 93KB))
※ただし、この届書は、電子媒体及び電子申請による届出はできません。
 
※なお、賞与支払対象者に70歳以上の被保険者(被用者)を常時雇用されている場合は、次の届書も必要です。
○厚生年金保険70歳以上被用者 算定基礎・月額変更・賞与支払届 (ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。PDF(PDF 1,161KB)) (ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。EXCEL(エクセル 194KB))
※ただし、この届書は、電子媒体による届出はできません。

4.留意事項

(1)被保険者氏名等の基本情報を印字した届出用紙は、賞与支払予定月の前々月の19日までの情報を基に作成しているため、届出用紙に氏名等が印字されていない方がいる場合があります。その場合は、印字されていない欄に手書き等で追記をお願いします。なお、印字されていない欄が足りない場合は、届出用紙を送付しますので、管轄年金事務所へご連絡ください。また、上記「3.申請及び届書様式・添付書類」の「1.健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届」からダウンロードすることもできます。

(2)賞与支払届に印字されている方で賞与の支払いがなかった方がいる場合は、記入の必要はありません。

(3)健康保険組合等が作成した賞与支払届で届出される場合は、前月にお送りする賞与支払届での届出は必要ありません。

(4)けんぽ協会管掌の健康保険の事業所の高齢任意加入被保険者については、お送りする賞与支払届の該当者の被保険者氏名欄の余白に「高齢任意」と記入してください。

(5)健康保険組合管掌の健康保険の事業所の高齢任意加入被保険者については、届出用紙を送付しますので、管轄年金事務所へご連絡ください。また、上記「3.申請及び届書様式・添付書類」の「1.健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届」からダウンロードすることもできます。

(6)資格取得月(資格取得日以降)に支払われた賞与は保険料賦課の対象となりますが、資格喪失月に支払われた賞与は保険料賦課の対象とはなりません。ただし、資格取得と同月に資格喪失があった場合は、資格取得日から資格喪失日の前日までに支払われたものであれば対象となります。

(7)健康保険では、資格喪失月であっても資格喪失日の前日までに支払われた賞与については、標準賞与額として決定し、標準賞与額の累計額(年度の累計額573万円)に含めますので、該当する被保険者の方の賞与額等の記入忘れにご注意ください。

(8)育児休業等による保険料免除期間に支払われた賞与や資格喪失月に支払われた賞与(保険料賦課の対象とならない賞与)についても標準賞与額として決定し、年度の累計額に含めることになっています。そのため、同一年度内における協会けんぽ管掌の健康保険被保険者期間中に決定された標準賞与額の累計額が573万円を超えたことがわかった場合は、被保険者の申出に基づき「健康保険 標準賞与額累計申出書」をご提出ください。

(9)標準賞与額の累計額が573万円を超え申出書を一度提出した場合で、その後同一年度内に賞与が支払われた場合は、その都度、申出書をご提出いただく必要があります。申出書の提出により、標準賞与額の訂正及び保険料の充当又は還付処理を行います。

(10)同一年度内で転職・転勤等により、被保険者資格の取得・喪失があった場合の標準賞与額の累計については、協会けんぽ管掌の健康保険又は各健康保険組合等の保険者単位で算出することになっています。例えば、協会けんぽ管掌の健康保険において、同一年度内で複数の被保険者期間がある場合は、それぞれの被保険者期間中に決定された標準賞与額を累計することとなります。

(11)同一年度内における被保険者資格の喪失・取得(転職・転勤等)がなく、被保険者期間が継続している場合は、累計額が573万円を超えても健康保険標準賞与額累計申出書の提出は必要ありません。573万円を超えた場合は、573万円となるようその月の標準賞与額を決定します。なお、同一年度内に573万円を超えた翌月以降に支払われた賞与の標準賞与額は「0」と決定します。

(12)同一月内に2回以上賞与を支払った場合は、その月の最後に支払った日を賞与支払年月日として合算した賞与額を一括で届出して構いません。

(13)健康保険組合に加入している場合、届出の詳細については加入の健康保険組合にご確認ください。

(14)提出する賞与支払届が2枚以上になる場合、2枚目以後の事業主記載欄及び社会保険労務士記載欄の押印は省略することができます。

(15)「健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届総括表」は、賞与の支払いがなかった場合も提出が必要です。(「支給・不支給」欄の「不支給・1」を○で囲んで提出してください。)なお、登録された賞与支払予定月の翌月までに届出がない事業主の方には、翌々月に催告状を送付します。

(16)電子媒体(CD又はDVD)により届出する場合は、次のことに注意してください。

  • (ア)賞与支払届を電子媒体により提出する場合も「賞与支払届総括表」の提出は必要です。提出用ファイルの作成が完了した際に印字出力する「磁気媒体届書総括票」と併せて提出してください。
  • (イ)賞与の支払いがなかった人については、設定しないでください。全員に賞与の支払いがなかった場合は、賞与支払届総括表のみを提出してください。
  • (ウ)高齢任意加入被保険者については、電子媒体での届出ができませんので、届出用紙により併せて届出してください。

(17)届出用紙は、被保険者整理番号順になるように、順番をそろえて提出してください。

(18)届出に基づいて標準賞与額決定通知書を送付します。決定された標準賞与額については、必ず被保険者本人へ通知してください。なお、不支給の場合は、標準賞与額決定通知書等は送付しません。

5.参考情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る