このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

さ行 在職老齢年金

120010010-241-545-114 更新日:2017年4月19日 印刷する

在職老齢年金

60歳以降在職(厚生年金保険に加入)しながら受ける老齢厚生年金を在職老齢年金といい、賃金と年金額に応じて年金額の一部または全部が支給停止される場合があります。

  • 60から65歳までの間は、賃金と年金額の合計額が28万円以下の場合は支給停止されませんが、賃金と年金額の合計額が28万円を上回る場合には、賃金の増加2の割合に応じて、年金額1の割合で停止されます。
    また、賃金が46万円(平成29年度の額)を超える場合、賃金が増加した分だけ年金額が停止されます。
    ※平成17年(2005年)3月までは、老齢厚生年金の額の2割に相当する額を基準に、支給停止額が算出されていましたが、60歳台前半の就労を阻害しないよう、平成16年(2004年)改正により、平成17年(2005年)年4月から廃止されました。
  • 65から70歳までの間は、賃金と年金額の合計額が46万円(平成29年度の額)を超える場合、賃金の増加の割合2に応じて、年金額1の割合で停止されます。(ただし、老齢基礎年金は全額支給されます。)また、70歳以降についても、平成16年(2004年)改正により、平成19年(2007年)4月から、60歳台後半と同じ取扱いとなります。(ただし、保険料負担はありません。)

※平成27年(2015年)10月以降は、昭和12年4月1日以前に生まれた70歳以上の方や、議員である方、共済組合等に加入している方についても年金の在職支給停止の対象となります。

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る