このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

Q. 特別支給の老齢厚生年金を受けている方が65歳になったとき。

180010-345-320-803 更新日:2015年10月1日 印刷する

A お答えします

新たに手続きが必要となります。
65歳になる誕生月の初め頃に、日本年金機構から「国民年金・厚生年金保険老齢給付年金請求書」をお送りします。
年金請求書に必要な事項を記入のうえ、誕生月の末日までに日本年金機構へ提出してください。誕生月の末日までに提出されない場合は、年金の支払いが一時止まることになります。
ただし、66歳以降に老齢基礎年金・老齢厚生年金の両方の繰り下げを希望される場合は、「国民年金・厚生年金保険老齢給付年金請求書」を提出していただく必要はありません。老齢基礎年金のみ、老齢厚生年金のみのどちらか一方の繰り下げを希望される場合は、「国民年金・厚生年金保険老齢給付年金請求書」の「老齢基礎年金のみ繰り下げ希望」・「老齢厚生年金のみ繰り下げ希望」欄に○を記載し、日本年金機構に提出してください。なお、繰り下げを希望された方(※)は、実際に支給を希望する時期に年金事務所または街角の年金相談センターで繰り下げ請求の手続きを行ってください。
なお、一日生まれの方には、年金請求書を誕生月の前月の初め頃にお送りします。
提出期日も前月末日となります。

※共済組合等の加入期間があり、日本年金機構と共済組合等の複数の老齢厚生年金を受けとることができる場合は、すべての老齢厚生年金を同時に繰下げする必要があります。(共済組合等が支給する老齢厚生年金を65歳から受け取っていた場合、日本年金機構で支給する老齢厚生年金について65歳から受け取る必要があります。)

「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」提出

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る