このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

令和2年4月からの年金生活者支援給付金にかかる支給金額のお知らせの送付について

180010-975-139-598 更新日:2020年6月10日 印刷する

令和2年4月分からの年金生活者支援給付金の給付額

年金生活者支援給付金額の基準額は、下表のとおり、令和元年度から0.5%引き上げられました。

  令和2年度(月額) 令和元年度(月額)
老齢年金生活者支援給付金 5,030円 5,000円
障害年金生活者支援給付金

(1級)6,288円

(2級)5,030円

(1級)6,250円

(2級)5,000円

遺族年金生活者支援給付金 5,030円 5,000円

これに伴い、令和2年4月分からの各給付金の給付額は、以下のとおりとなります。

老齢年金生活者支援給付金

月額5,030円を基準に保険料納付済期間等に応じて算出され、次の1と2の合計額となります。(※1)
(注)老齢年金生活者支援給付金の支給金額は、改定した基準額を基に保険料納付済期間や保険料免除期間に応じて算出されることから、0.5%増とならない場合があります。

  1. 保険料納付済期間に基づく額(月額)
    = 5,030円 × 保険料納付済期間(※2) ÷ 480月
  2. 保険料免除期間に基づく額(月額)
    = 10,856円(※3) × 保険料免除期間(※2)÷ 480月

(※1) 前年の年金収入額とその他の所得額の合計が779,300円を超え879,300円以下の方には、1に一定割合を乗じた補足的老齢年金生活者支援給付金が支給されます。
(※2) 給付額の算出のもととなった保険料納付済期間や保険料免除期間は、お手持ちの年金証書や支給額変更通知書等で確認できます。
(※3) 保険料全額免除、4分の3免除、2分の1免除期間は10,856円(老齢基礎年金満額(月額)の6分の1)、保険料4分の1免除期間は5,428円(老齢基礎年金満額(月額)の12分の1)となります。毎年度の老齢基礎年金の額の改定に応じて変動します。また、令和2年度の老齢基礎年金は昨年度の額に対して0.2%引き上げとなっているため、老齢基礎年金満額をもとに算出する保険料免除期間に基づく給付額は0.2%の増額となります。

障害年金生活者支援給付金

障害等級が2級の方:5,030円(月額)
障害等級が1級の方:6,288円(月額)

遺族年金生活者支援給付金

5,030円(月額)
※ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,030円を子の数で割った金額がそれぞれにお支払いとなります。

支給金額改定通知書、振込通知書の発送

年金生活者支援給付金の受給者の皆様に、令和2年4月からの支給金額をお知らせする「年金生活者支援給付金 支給金額改定通知書」、「年金生活者支援給付金 振込通知書」を令和2年6月8日(月曜)から順次送付します。
なお、郵便局の窓口受取を希望されている方には、「年金生活者支援給付金 支給金額改定通知書」のみを送付します。
※支給金額改定通知書、振込通知書の発送日はお住いの地域により異なります。また、お手元に届くまで郵便事情を考慮し、3日~7日程度お待ちください。
※令和2年5月に改定後の支給金額でお支払いがある方には、令和2年5月7日(木曜)に発送しております。

支給金額改定通知書、振込通知書のレイアウト

支給金額改定通知書と振込通知書が一体となったお知らせを送付する場合

支給金額改定通知書を送付する場合

よくあるお問い合わせ

各通知書を紛失した場合の再発行について

各通知書を紛失または棄損した場合は、下記リンクから再発行申請書の様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、お近くの年金事務所に郵送で申請ください。
また、改定通知書や振込通知書の再発行については、コールセンターでも受け付けております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る