このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

65歳以後の在職老齢年金の計算方法

180010-988-215-572 更新日:2020年1月20日 印刷する

概要

65歳以上70歳未満の方が厚生年金保険の被保険者であるときに、65歳から支給される老齢厚生年金は、受給されている老齢厚生年金の基本月額と総報酬月額相当額に応じて年金額が支給停止となる場合があります。
なお、平成19年4月以降に70歳に達した方が、70歳以降も厚生年金適用事業所に勤務されている場合は、厚生年金保険の被保険者ではありませんが、65歳以上の方と同様の在職中による支給停止が行われます。

<用語の説明>

  • 基本月額
    加給年金額を除いた老齢厚生(退職共済)年金(報酬比例部分)の月額
  • 総報酬月額相当額
    (その月の標準報酬月額)+(その月以前1年間の標準賞与額の合計) ÷12
    ※ 上記の「標準報酬月額」、「標準賞与額」は、70歳以上の方の場合には、それぞれ「標準報酬月額に相当する額」、「標準賞与額に相当する額」となります。

計算方法

65歳以降の在職老齢年金の計算方法のフローチャート

65歳以後の在職老齢年金の計算方法のフローチャート

在職老齢年金による調整後の年金支給月額の計算式

・基本月額と総報酬月額相当額との合計が47万円以下の場合
全額支給

・基本月額と総報酬月額相当額との合計が47万円を超える場合
基本月額-(基本月額+総報酬月額相当額-47万円)÷2

留意事項

  • 厚生年金基金に加入していた期間がある場合は、厚生年金基金に加入しなかったと仮定して計算した老齢厚生年金の年金額をもとに基本月額を算出します。
  • 厚生年金基金加入期間がある人の年金は、老齢厚生年金のうち報酬比例部分の一部が代行部分として厚生年金基金から支払われます。このため、在職老齢年金の停止額を計算するにあたっては、代行部分を国が支払うべき年金額とみなして、基本月額を算出します。
  • 年金支給月額がマイナスになる場合は、老齢厚生年金(加給年金額を含む)は全額支給停止となります。
  • 老齢基礎年金および経過的加算額は全額支給となります。
  • 70歳以上の方については、厚生年金保険の被保険者ではありませんので、保険料負担はありません。

支給停止期間や支給停止額の変更時期

支給停止期間

基本月額と総報酬月額相当額の合計額が47万円を超えている期間

支給停止額の変更時期

総報酬月額相当額が変わった月または退職日の翌月(※)
※退職して1カ月以内に再就職し、厚生年金保険に加入した場合を除く

在職老齢年金を受けている方が退職したとき

厚生年金に加入しながら老齢厚生年金を受けている70歳未満の方が、退職して1ヵ月を経過したときは、退職した翌月分の年金額から見直されます。

  • 年金額の一部または全部支給停止がなくなり、全額支給されます。
  • 年金額に反映されていない退職までの厚生年金に加入していた期間を追加して、年金額の再計算が行われます。

※ 退職して1ヵ月以内に再就職し、厚生年金に加入したとき(転職など)は、引き続き在職老齢年金としての支払いが行われます。
※ 70歳以上の期間は、厚生年金に加入されていないため、年金額の再計算には反映しません。
※ 退職により厚生年金加入期間が20年を超えた場合、加給年金が支給される場合があります。その際は、別途、手続きが必要となります。 

関連リンク

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る