このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

Q. 寡婦控除、特別寡婦控除、寡夫控除とは、どのようなものですか。

180010-174-864-264 更新日:2017年9月1日 印刷する

A お答えします

「寡婦」の要件

寡婦とは、受給者本人(女性)が、原則としてその年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人です。

  1. 夫と死別し、もしくは離婚した後婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない人で、扶養親族がいる人または生計を一にする子がいる人です。
    この場合の子は、年間所得が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
  2. 夫と死別した後婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない人で、受給者本人の所得金額が500万円以下の人です。この場合は扶養親族などの要件はありません。

「特別寡婦」の要件

寡婦に該当する方が次の要件のすべてを満たすときは、「特別寡婦」に該当します。

  1. 夫と死別し、または離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない人。
  2. 扶養親族である子がいる人。
  3. 受給者本人の所得金額が500万円以下であること。

「寡夫」の要件

寡夫とは、受給者本人(男性)が、原則としてその年の12月31日の現況で、次の三つの要件のすべてに当てはまる人です。

  1. 妻と死別し、もしくは離婚した後婚姻をしていない人や妻の生死が明らかでない人。
  2. 生計を一にする子がいる人。この場合の子は、年間所得が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
  3. 受給者本人の所得金額が500万円以下であること。
本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る