このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

平成30年分 公的年金等の源泉徴収票

180010-647-488-595 更新日:2019年1月7日 印刷する

公的年金等の源泉徴収票(平成29年分)

見方の説明

(1)支払金額
平成30年中に支払われた年金の合計額を記載しています。
この金額は、所得税等や社会保険料が差し引かれる前の金額です。

(2)源泉徴収税額
平成30年中に年金から源泉徴収された所得税額および復興特別所得税の合計額を記載しています。
所得税額の算出方法については、こちらをご覧ください。

(3)区分
(1)「支払金額」欄と(2)「源泉徴収税額」欄の金額については、次のとおり区分しています。

所得税法第203条の3第1号適用分 老齢基礎年金、老齢厚生年金、64歳までの特別支給の退職共済年金を受けている方で、扶養親族等申告書を提出されている方

所得税法第203条の3第2号適用分

65歳からの退職共済年金を受けている方で、扶養親族等申告書を提出されている方

所得税法第203条の3第3号適用分

退職年金(退職等年金給付)、経過的職域加算額(退職共済年金)を受けている方で、扶養親族等申告書を提出されている方

所得税法第203条の3第4号適用分

扶養親族等申告書を提出されていない方(提出の必要のない方も含む。上記第1号、第2号、第3号に該当しない方)

(4)年金の種別
年金の種別を記載しています。

(5)「本人」欄
「特別障害者」、「その他の障害者」欄
該当する場合に「★」印を記載しています。提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
用語の説明:ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「障害者とは」(PDF 88KB)
「特別寡婦」、「寡婦寡夫」欄
該当する場合に「★」印を記載しています。提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
用語の説明:「ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。寡婦・特別寡婦・寡夫とは(PDF 62KB)

(6)「源泉控除対象配偶者の有無等」欄
「源泉控除対象配偶者」とは、受給者本人(平成30年中の所得の見積額が900万円以下に限る)と生計を一にする配偶者(婚姻届を提出済の方に限る)で、所得のない方または平成30年中の所得の見積額が85万円以下の方のことをいいます。
※ 受給者本人の平成30年中の所得の見積額が900万円を超える場合、配偶者がいらっしゃる場合でも「源泉控除対象配偶者の有無等」欄は空欄になります。
「一般」、「老人」欄
該当する場合に「★」印を記載しています。提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
・「一般」源泉控除対象配偶者に該当する方は、源泉控除対象配偶者のうち昭和24年1月2日以降に生まれた方、または昭和24年1月1日以前に生まれ、かつ平成30年中の所得の見積額が38万円超~85万円以下の方です。
・「老人」源泉控除対象配偶者に該当する方は、源泉控除対象配偶者のうち昭和24年1月1日以前に生まれ、かつ平成30年中の所得の見積額が38万円以下の方です。

(7)控除対象扶養親族の数
「扶養親族」とは、受給者本人と生計を一にする配偶者以外の親族で、所得のない方または平成30年中の所得の見積額が38万円以下の方のことをいいます。
「特定」、「老人」、「その他」欄
それぞれに該当する扶養親族の人数を記載しています。提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
・「特定」扶養親族とは、平成8年1月2日から平成12年1月1日までに生まれた扶養親族のことをいいます。
・「老人」扶養親族とは、昭和24年1月1日以前に生まれた扶養親族のことをいいます。
・「その他」とは、「特定」「老人」以外の扶養親族のことをいいます。

(8)16歳未満の扶養親族の数
平成15年1月2日以降に生まれた扶養親族の人数を記載しています。提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
※ 16歳未満の扶養親族については、扶養控除の対象外となりますが、障害者に該当する場合は障害者控除が適用されます。

(9)障害者の数
用語の説明:ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「障害者とは」(PDF 88KB)
1.特別
「特別障害者」の人数を記載しています。
なお、カッコ内には、同居の方の人数を記載しています。
提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
2.その他
「普通障害者」の人数を記載しています。
提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。

(10)非居住者である親族の数
非居住者である親族の人数を記載しています。提出された扶養親族等申告書に基づき記載しています。扶養親族等申告書の提出の必要のない方につきましては、空欄としています。
非居住者とは、国内に住所を有さず、かつ現在まで引き続いて1年以上国内に居所を有していない方をいいます。

(11)社会保険料の額
平成30年中に年金から特別徴収された社会保険料の合計額を記載しています。

  • この金額は、源泉徴収税額の計算対象から控除されています。
  • 社会保険料の内訳については、摘要欄に記載しています。

(12)「源泉控除対象配偶者」、「控除対象扶養親族」、「16歳未満の扶養親族」欄
源泉控除対象配偶者、控除対象扶養親族、16歳未満の扶養親族の氏名を記載します。
「区分」欄は、源泉控除対象配偶者や控除対象扶養親族が、非居住者の場合に、「〇」印を記載します。

公的年金等の源泉徴収票に関するQ&A

公的年金等の源泉徴収票に関するQ&Aについてはこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る