このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

「令和2年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の送付

180010-199-108-011 更新日:2019年9月2日 印刷する

公的年金について源泉徴収の対象となる方へ、令和2年分の「扶養親族等申告書」を令和元年9月18日より順次、お送りします。
一方、源泉徴収の対象とならない方には、「扶養親族等申告書」をお送りしておりません。送られていない方は申告書を提出していただく必要はありません。
お手元に届きましたら、内容を確認し、各種控除に該当する方は、記載されている期限内の提出をお願いいたします。期限内に間に合わない場合でも、なるべく早く提出いただくようお願いいたします。 


※ 税制改正に伴い、令和2 年分以降の扶養親族等申告書については、提出された場合と提出されなかった場合で、所得税率に差がなくなりました。そのため、各種控除に該当しない方(受給者本人が障害者・寡婦(寡夫)等に該当せず、控除対象となる配偶者または扶養親族がいない方)は、扶養親族等申告書を提出する必要はありません。

<お客様のお問い合わせに対話形式により自動で対応します(令和元年9月18日更新)>
扶養親族等申告書に関するお客様からのお問い合わせに対し、対話形式により自動で24時間リアルタイムに対応します。


対話形式の自動対応サービスをご利用される方はこちら

対応期間: 令和元年9月18日~令和元年10月31日(予定)

 
(イメージ図)

イメージ図
画像をクリックすると、対話形式により自動で対応するサービスのページへ移行します。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る