このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

退職後継続再雇用された場合、再雇用された月から、再雇用後の給与に応じた標準報酬月額に改定できる仕組みの対象者が「60歳以上の方」に変わります。(平成25年4月1日施行)

160030-671-317-856 更新日:2013年2月26日 印刷する

 平成25年3月までは、「60歳から64歳までの厚生年金」を受け取る権利のある被保険者が『退職後継続再雇用(※1)』される場合に限って、事業主が厚生年金保険及び健康保険(以下「厚生年金保険等」といいます。)の「被保険者資格喪失届」及び「被保険者資格取得届」を同時に年金事務所へご提出いただくことにより、再雇用された月から、再雇用後の給与に応じて標準報酬月額を決定することとしていました。
 平成25年4月(※2)からは、「60歳から64歳までの厚生年金」の支給開始年齢が引き上がることに合わせ、

60歳以降に退職後継続再雇用される方全て

に拡大されます。

(※1)「退職後継続再雇用」とは、1日も空くことなく同じ会社に再雇用されることをいいます。
(※2)『「嘱託として再雇用された者の被保険者資格の取扱いについて(通知)」の一部改正について(通知)』は、平成25年3月31日に退職された方から対象となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る