このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本年金機構

サイトメニューここまで本文ここから

国民年金に加入するための手続き

160020-689-801-504 更新日:2020年5月29日 印刷する

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方で、厚生年金保険に加入していない方は、すべて国民年金の第1号または第3号被保険者となります。

第1号被保険者の加入の手続き

手続き窓口 住所地の市区役所または町村役場
添付書類 年金手帳または基礎年金番号通知書
提出期限 退職日の翌日から14日以内
提出者 ご本人または世帯主

※ 60歳以上で老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方や、受給資格期間は満たしているが保険料を納付した期間が短かく満額(40年間保険料納付分)の老齢基礎年金が受けられない方は、65歳になるまで国民年金に任意加入することができます。

第3号被保険者(配偶者の被扶養者となる方)の加入の手続き

要件

  1. 日本国内に住んでいること。※
    ※ 海外に赴任する配偶者に同行する場合等、日本国内に住所を有しないが、渡航目的その他の事情を考慮して日本国内に生活の基礎があると認められる場合、居住要件に係る特例(海外特例要件)があります。
  2. 20歳以上60歳未満であること。
  3. 厚生年金保険に加入する配偶者(65歳以上70歳未満で老齢または退職を理由とする年金の受給権を有する人は除く)に扶養されており、原則として年収が130万円未満であること。(参照 被扶養者認定の収入要件
    ※ 年収が130万円未満であっても、厚生年金保険の加入要件にあてはまる方は、厚生年金保険及び健康保険に加入することになるため、第3号被保険者には該当しません。

手続き

第3号被保険者の方は、配偶者の勤務している事業所を通じて手続きしてください。
手続き方法はこちら(厚生年金保険に加入している被保険者(第2号被保険者)が、配偶者を扶養にするときの手続き)をご覧ください。

第1号・第3号被保険者の「適用除外」

治療を受ける目的や観光・保養を目的とするロングステイのために海外から日本へ来られた方は、第1号・第3号被保険者の対象とならない場合があります。
手続き方法はこちら(国民年金第1号・第3号被保険者の「適用除外」)をご覧ください。
また、社会保障協定による二重加入の防止はこちら(社会保障協定)をご覧ください。

知っておくとためになる情報

よくあるご質問(年金Q&A)

※ その他のお問い合わせは、お近くの年金事務所まで

(参考)国民年金に加入することで、受けられる給付の種類

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

日本年金機構 法人番号4011305001653

〒168-8505 東京都杉並区高井戸西3-5-24
電話番号については、所在地・連絡先ページをご覧ください
Copyright © 2012 Japan Pension Service All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る